インドネシア華僑 暴動

今から17年前の1998年5月12日、ジャカルタのトリサクティ大学では、 時の大統領スハルトの退陣を要求する学生デモが行われていました。 ここで治安当局の何者かから周到な実弾による発砲があり、デモに参加していた大学生4名が射殺されました。国軍司令官は警察治安部隊に実弾の装備はない旨、発砲命令の無い旨を発表して警察の関与を否定しましたが、まるでこの事件がトリガーとして仕組まれたように、直後からジャカルタ大暴動が発生、中華系インドネシア人を中心に千数百名の命が犠牲となりました。首謀者は現在に至るまで曖昧にされたままです。これ以降、インドネシアはスハルト政権の倒壊へ続く、激動の時代に突入します。, さて、先日、BBC IndonesiaのFacebookアカウントから「1998年5月:あなたはどこに?」という投稿が投げかけられ、多くのインドネシア人から当時の様子についてのコメントが寄せられました。過去の暗い部分をわざわざ平和な今に蒸し返さなくても、というのはあるかもしれませんが、今回は、このBBC IndonesiaのFacebookに投稿された様々なインドネシア人の「1998年5月」の一部を日本語で紹介しようと思います。少し長いですがこれでもほんのほんの一部です。, 当時私はバリ島にいました。バリ島はジャカルタのような暴動とは無縁でしたが、外国人ツアー観光客が激減し、その代りジャワ島から中華系インドネシア人が避難してきました。又、インドネシア人の友人にお前がインドネシア語を使うとインドネシアの華人と間違われる可能性があるから出来ればインドネシア語は使うな、使うなら注意しろとアドバイスをされたことを覚えています。そんなことより、ネットで検索すれば当時ジャカルタに滞在し凄まじい経験をされた日本の方々の文章が今でも拾えます。, あれから17年が過ぎました。当時のことを知らないインドネシア人や日本人らが増える中、インドネシアの人々は今も明るい笑顔を見せながら、そして、それでも過去の事件は現在のインドネシアの一部を成しています。, 当時の状況やインドネシア人の考え方、そしてインドネシアの現在を確認するために、以下の文章を残します。インドネシアの平和を願って。 順不同。, 新米記者として、そして、インドネシア大学の中退者として私はサレンバ(インドネシア大学キャンパス)を訪れました。演説が始まって間もなく、私のポケベルに三つのメッセージが入りました。一つは会社から、一つは夫から、そしてもう一つは両親からです。メッセージの内容は全て同じでした。「すぐに帰れ。グヌンサリにある林紹良(サリムグループ総裁スドノ・サリム)の家が焼かれる。(私たちはインドフードのボスやスハルトの取り巻き政商らの住居とそう遠くないクマヨランに住んでいたのです)」。しかし、バスもミクロレット(ミニバス)も来ません。インドネシア大学内キャンパスはデモ参加者でいっぱいでしたが、サレンバ通りはまるでゴーストタウンでした。私は歩いて帰ることにしました。ラッキーなことに、心優しい方がアンカサ通りまでバイクで送ってくれました。無事家にたどり着くと、生まれたばかりの私の愛しい息子は夫に抱かれて泣いていました。私たちは重要書類、有り合わせの衣類をトラベルバックに詰め、火災がここまで来たらすぐに脱出できるよう準備しました。 幸い、これらの準備は無用に終わりました。, 私は当時中学2年生でした。早朝です。私は寝ていましたが母親が「暴動だ」と叫びながら私を起こしました。「暴動」。生まれて初めて聞いた言葉でした。私は屋根に上ってみました。住まいはガジャマダ地区です。前後左右から煙が上がっていました。暴徒によってそこらじゅうに火がつけられたみたいです。2~3日後、父親と状況を確認するためガジャマダ/ハヤム・ウルックへ歩いて行きました。戦車の通った後が至る所にあり、ゴム弾の薬莢がそこらじゅうに散らばっていました。「プリブミ(先住民)のもの」「ハジ(メッカ巡礼を行った者)のもの」といった殴り書きがたくさんの店や壁にされていました。ここで私はようやく気付いたのです。プリブミはここまで中国人を嫌っていたのかと。 結果、私は現在、カナダ在住です。私は人種差別主義者ではありませんが、私の周りの人間が単に私の目が細いからというだけのことで私を殺そうとすること、これはつらかったです、ショックでした、生みの親に受け入れられなかった様な気持ちでした。私はインドネシアで育ち、インドネシア料理を食べ、中国語も話せませんし、同じ赤い血が流れています。植民時代の負の遺産である人種差別精神が今まで護られてきたことに納得がいきません。愚痴はこれで終わらせて頂きます。, 私はクバヨランラマ通りのジャワポストで勤めていました。私は机でうたた寝をしていたんですが同僚が隣のアカシアスーパーに火がつけられ略奪が始まったと私を起こしました。短髪の男性数名がトラックから降りてきて、放火前にスーパーにガソリンを掛けました。私は屋上に出て、SLIPI市場が燃えているのも確認しました。私は会社を出てグロドック方面へ向かう事に決めました。行く道に警察の姿はありませんでした。市民は祭り状態。ある友人は、これはスハルト大統領の誕生祝だと言いました。トリサクティ大学のキャンパスを経由すると、ガソリンスタンドに火を付けるかどうかで大衆が市民と揉めていました。ジュンバタンティガ方面へ進むと、乗用車が燃やされており、その隣には、性器を竹で刺された女性の死体がありました。プルニアガアアン市場方面へ向かうと、数十名の短髪の男を乗せたトラックが市場にガソリンを掛けていました。グロドックでは多くの人々が電化製品を持ち逃げしていました。この暴動祭りは誰が仕掛けたか明らかにされておらず、これを解明することもなくなりました。, 当時私はチャワンで突然銃声を聞き、橋の下に身を隠しました。私は大衆を乗せたたくさんのトラックを見ました。状況は緊迫しており、私が待っていたブカシ行のバスなど来はしませんでした。私は注意してブカシ方面へのトラックを待ちましたが、間もなく私が見たのは、何かわめいている大衆に殴られている警官でした。と、そのうちブカシ方面に向かうコンテナトラックが通りかかり、私は何も言わずにそれに飛び乗りました。チカンペック高速は閑散としていて、トラックだけが勇敢に走っていました。家に着くと私はすぐにラジオ・ソノラを聞きました。ニュースではインドネシアで改革(Reformasi)が起っているとの事でした。残念ながら、当時私の家族はテレビを持ち合わせていませんでした。あの事件から現在に至るまで、私は無念な気持ちが拭い去れません。なぜなら、あれほどの犠牲者を出したあれほど大きな事件であったにも関わらず、この国は、何も得られなかったからです。それどころか、とめどない貧困の中、学校を辞めなければならない多くの子供達の犠牲の上に、新たな種類の汚職者達が生まれました。糞の役にも立たない改革(Reformasi Tahi kucing)、どうしてあの時我々は革命(Revolusi)を起こせなかったのでしょう。あの事件は結局、スハルトの選択肢から外れた人間達が画策しただけのことでした。彼らはスハルトの駒達と入れ替わり権力に着いた後ほどなく、汚職撲滅委員会(KPK)から犯罪を追求され、結局、国家予算の略奪者、汚職者達であったという事実がばれたのです。, 1998年5月、私は東ジャカルタ、チブブールに住んでいました。当時まだ小学校1年生。家族は家の壁に穴を開け脱出する準備をしていましたが、それが現実となってしまいました。当日、家族全員で夕食を食べていましたが、外から扉を強くドンドン叩く音がしました。私達は例の穴を潜り抜け、町内会会長の家へ避難しました。とても怖かった。今でもあの時のパニック状態が鮮明に思い出されます。戦場のような生活、両親は警戒を怠らず夜も眠れず、どうして中国が悪者になるの。インドネシアに対してどんな過ちを犯したっていうの。華人は商いでお金を作っただけで強盗で得たものではない。どうしてプリブミ(先住民)は華人の勤勉さに嫉妬するの。どうして華人はよそ者と言われるの。華人もインドネシアの独立のため共に戦いました。インドネシアの王国時代から我々はもうここにいるのです。新秩序体制(スハルト政権時)、中華系は共産主義と言われ憎悪の対象とされました。おかしな話です。我々華人は政に関わろうとちょっかいを出しているのではなく家族のために働いているだけです。新秩序体制はあまりに哀しい時代でした。中華系にとっての地獄でした。人種差別はどこでもなされ、人種差別のない世界を尊んだスカルノとはあまりに遠かった。中華民族もインドネシアのために多くの重要な役割を果たしました。新報という中国系新聞は、インドネシア独立のニュースを全インドネシアに対して宣誓しました。カリマンタンの国民軍の多くは中国人兵でした。スカルノ時代の大臣、将校…   どうして今も華人が敵対視されるのでしょうか。それは単に中華系の成功に対する嫉妬心からだけなのでしょうか。, 当時私はスマランにいました。心の中でこれだけは言えます。これほどに人々が中国人を嫌うほど、彼らが何をしたというのでしょうか。曰く、奴らは金持ちだ、曰く、奴らは生意気だ、曰く奴らは先住者ではない、その他あらゆる理由の数々。言っておきますが、私のお手伝いさんは中国人です。私は彼女から物を略奪しなければいけませんか。私には小学校から高校時代にかけて、中華系イスラム教徒の親友がいました。当時私は貧しかったのですが、彼らは親から貰った小遣いの半分を常に私に分けてくれました。彼らは生意気ですか。彼らがインドネシアの先住民族ではないとしても、この国で生まれた彼をどこに追いやろうというのですか。彼らの故郷(Tanah Tumpah Darah)はインドネシアです。我々は何のために「青年の誓い」を持っているのです。それでもまだ人種、民族を考えるのなら、そして、他宗教や別グループを憎悪するというのなら、我々は何のためにパンチャシラを持っているのでしょう。我々は一つ、INDONESIAです。二度と同じ過ちが繰り返されないことを祈ります。, ※コメントの選択に際し、民族・宗教・主義に対するあからさまな主張は出来るだけ省いています。尚、上記文章は、Facebook BBC Indonesiaに上げられたコメントを直訳したものであり、全てが事実という訳ではありません。最後に、本件を語りたくとも語れない犠牲者全ての方々に対し、哀悼の意を表します。, //
Through the Chinese Whispers, I want to reveal what politically motivated racism (PMR) could do to people, (and it) doesn’t matter how many years after it happened. What I came across during the meetings and dramatic workshops, 1998 held a certain significance to the community. The Chinese Whispers was inspired by my personal experiences of how the May 1998 racial violence impacted my sense of identity as well as by the historical context of May 1998. 1998年ジャカルタ暴動を経験した筆者が、20年経った今想うこと。 1998年5月14日。 1997年アジア通貨危機の煽りを受け、また30年間続いたスハルト独裁政権への国民不満が爆発した日。 After all, despite the macro stories we hear everywhere, in the end, we are all human beings, we all have our micro stories and that is how we connect at the most profound level — from one person to another. かつてマーク・ゴンザレスの詩を読む会に参加した際、彼の詩にある『向き合おうとしなければ、癒す事はできない』という一節に感銘を受けたんです。, 20年の月日が経ち、ジャカルタ暴動はほとんど忘れ去られています。しかし、癒しという面や、ごく普通の平等を手に入れるために、成し遂げなければならないことがたくさんあります。癒しというのは個人的なレベルだけではなく、国家的な課題でもあると私は思います。, 読者の人たちには、ジャカルタ暴動がどのような問題を引き起こし、被害者たちがその経験によって、どのように突き動かされたのかということを忘れないでいてほしいのです。, 私の作品では、政治的に動機づけられた人種差別によって引き裂かれるという、当時12歳だった私自身の体験を取り上げています。, 演劇で学んだ手法が、私個人の体験談を伝えることで生かされるのが楽しいのです。結局のところ、私たちが至るところで聞く重大な話を除けば、最終的には私たちはおなじ人間なのです。私たち皆には細かいストーリーがそれぞれあって、それが人と人を最も深いレベルで結びつけているのです。, 現在、『チャイニーズ・ウィスパーズ』のインドネシア語版が発売中だ。英語版は2018年末までに発売予定。ラニの作品は彼女のサイトで見ることができる。また Facebook、Instagram等を通しても閲覧可能だ。, このサイトはCreative Commons Attribution 3.0ライセンスで公開しています  Some Rights Reserved, 日本で起きていること、話していることを世界に伝える記事を書きませんか?グローバル・ボイスのライター募集は, GV Lingua日本語サイトはボランティアで支えられています。翻訳ボランティアについてのお問い合わせは, ウェブは世界をつなげていますが、自分に似た人の話しか多くの人は耳にしません。ブロガー兼テクノロジストのイーサン・ザッカーマン氏が、Twitterでの世界を広げ、読めない言語でニュースを読むなど、世界中で話題を共有する方法を教えます。(2010年7月にTEDにて講演), インドネシアのウィメンズ・マーチ 権利と自由を奪う法制に抗議するため立ち上がった人々, Black Lives Matter テニス界に一石を投じた大坂なおみ選手と日本の反応, Attention!

ニトリ 納期 遅い, 北海道 地震速報, ヤマダ電機 ポイント 問い合わせ, リバン モイネロ 年俸, ウィッチャー3 またとない機会, シバター ツイッター, 津田健次郎 アニメ おすすめ, ヤマダ電機 住まい る 館 評判, 石川さゆり Youtube, 65歳 女優, みずほ銀行 宝くじ 当選金 振込 Atm, サイバーパンク2077 Steam 規制, 市川由紀乃 父親, プレジール 万年筆, ウィッチャー1 Pc コントローラー, 福岡 家具通販, アサシンクリード オデッセイ毒装備, ユーチューバー ゲーミングチェア, ワンピース ヨンジ 声優, ヨドバシカメラ 椅子 梅田, Wimax Apn設定を確認してください, 夏目友人帳 パチンコ, 絢香 みんな空の下, アバンティーズ 埼玉 どこ, グランツーリスモ6 Ps4でできる, 大塚家具 シネマ チェア, マイau ログインできない, ニトリ リクライニングベッド 口コミ, あさイチ わたしのニュース 面白い, 仮面ライダー 轟音 天井 スルー, Yahoo 天気 通知来ない, ハーマンミラー イームズ, 宝くじ 共同購入 委任状, フランスベッド 販売, ニトリ 目黒 コロナ, シモンズ クイーンサイズ シーツ, ロト6 予想ソフト, アサシンクリードヴァルハラ まとめ, 格安sim 乗り換え, 吉祥寺 家具, 甲斐拓也 体重, Uqモバイル Sim 届くまで, フランスベッド ソファーベッド スイミー, 日本の歌姫 歴代, 五木ひろし 実家, オパシ チート, マルハン 業績悪化, 一人暮らし ベッド すのこ, こたつテーブル Ikea, 市川由紀乃 兄, 宝くじ 共同購入 募集, 仮面舞踏会 マナー, 海堂薫 ジャイロレーザー, ニトリ インテリアコーディネート実例, きよしのズンドコ節 歌詞 意味,

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *