ソナチネ 津田寛治


『ソナチネ (Sonatine)』は、ビートたけしが「北野武」名義で監督した4作目の日本映画。1993年6月5日全国松竹系ほかで公開。, 広域暴力団北島組の友好組織・中松組が、沖縄の阿南組と抗争になった。そこで北島組組長の北島とその幹部の高橋は、北島組傘下の村川組組長の村川に、「中松組から助けをもとめられたから若衆連れて手を貸しに行け」と命令する。過去に北海道の抗争で若衆を3人失っている村川は乗り気で無いものの、「行くだけ行ったら後は手打ちで終わると思う」という北島組長の言葉を信用し、手下を連れて沖縄へ向かう。, 数日後、沖縄にやって来た村川達は早々に阿南組による事務所の爆破や銃撃で多数の組員を失う。事前に北島から聞いていた話と違い、抗争が想定以上に深刻な事態となっていることを悟った村川達は市街から離れ、沖縄の片田舎にある中松組の隠れ家ヘ避難する。やるべきことが見つからぬまま、暇を持て余した村川達は、偶然に知り合った女・幸を加え、まるで子供に戻ったかのように日々遊んで過ごす。, そんなある日、中松より北島組の高橋が沖縄に来ていること、彼が中松に対して阿南との手打ちを条件に中松組解散を通告して来たこと、中松はそれを蹴ったことを聞かされる。その直後に中松組は何者かの手によって壊滅し、村川達も襲撃される。次々に消されていく仲間を見て不審に思った村川は、高橋が宿泊しているホテルに向かう。エレベーター内で鉢合わせた高橋は、中松や村川の仲間を消した殺し屋を連れていた。激しい銃撃戦の末、殺し屋を始末した村川は高橋を連れ出す。村川の激しい拷問の末、高橋は事の真実を全て白状した。, 実は北島組は北海道との抗争に備えて、阿南組と手を組もうと考えていたのだ。だが兄弟分でもある中松組が阿南組と抗争をしていたため、なかなか手を打つ事ができなかった。そこでその抗争をきっかけにして阿南組と手を組み、中松組を潰そうと動き出した。村川達を沖縄ヘ送ったのは中松組を誘き出す為のおとりにする目的もあるが、高収益を誇る村川組のシマを北島が欲しており、村川達を中松同様に消した後、村川組のシマを接収する目的もあった。, 真実を知った村川は、阿南組との会合にやってくる北島をホテルにて待ち伏せる。生き残った最後の中松組組員がホテルの電源を落とし、従業員が騒めく暗闇の中を村川は自動小銃を手に北島組と阿南組のいる部屋ヘ突入、激しい銃撃戦を繰り広げる。, 隠れ家へ向かう道で村川を待つ幸。だが、その手前で車を止めた村川は拳銃で自分の頭を撃ち抜き、全てにけりをつけたのであった。, 日本の国際映画祭「第10回東京フィルメックス」で北野自身は一番思い入れの深い作品に『ソナチネ』を挙げ、「自分の最後の作品にしようと思って、好きなもん撮ってやろうって作った作品と製作時は思っていた」と語っている。, 前作、『あの夏、いちばん静かな海。』に続き音楽家の久石譲が参加している。久石が担当したこの音楽ではミニマル・ミュージックの手法が全面的に押し出されている。また、録音したドラムのフレーズを逆回転させるなど様々な実験が取り入れられた。久石は自身が手掛けた北野映画の中で、作品そのものも音楽も本作が一番気に入っているという。ただ、本作が自分の中でうまくいきすぎたために、以降の北野映画を手がけるたびに『ソナチネ』のような音楽が合うのか毎回悩むことになったという[2][3]。, 本作の宣伝ポスターやパッケージ、オープニングに映った槍に刺さっている青い魚は、ナポレオンフィッシュである。, 製作当初は、『ダイ・ハード』のようなスペクタクルが予定されていた。しかし、たけしの強い作家性から次第にシャープな表現に寄り、プロデューサーの奥山和由がその志向性に同意したこともあって、結果的には非常に芸術性の強い本作が出来上がった[4]。, 初期タイトルが「沖縄ピエロ」と題されていたことから、ジャン・リュック・ゴダールの『気狂いピエロ』の影響を強く受けていると指摘されている[5]。, 1994年にロンドン映画祭やカンヌ国際映画祭で上映され、欧州を中心に高く評価された。これを契機に、現在でも「キタニスト」として知られる北野映画ファンが世界的に誕生した。前世紀末にはイギリスのBBCによって「21世紀に残したい映画100本」に、『西鶴一代女』(溝口健二監督、1952年)、『東京物語』(小津安二郎監督、1953年)、『椿三十郎』(黒澤明監督、1962年)、『乱』(黒澤明監督、1985年)などと共に選ばれた。また、クエンティン・タランティーノ監督も絶賛しアメリカで公開させた。ビデオ・リリースの際は「タランティーノ・プレゼンツ」と謳われた。大江健三郎は、『たけしの誰でもピカソ』(テレビ東京)出演時に、この作品が好きだと答えている。, 1作目の『その男、凶暴につき』から現在に至るまで見られる突然訪れる圧倒的な暴力シーンと、2作目の『3-4X10月』から始まる沖縄のシーンが見られ、プロデューサーの奥山が『その男、凶暴につき』の続編と位置付けていた事からも、初期北野作品の集大成としての要素を持つ作品である。, 以後の『HANA-BI』にはメロドラマとしての要素が、また『BROTHER』にはエンターテインメントとしての要素が盛り込まれていることに比して、静謐で狂気的なムードが全編を支配する純正のバイオレンス映画として、北野映画に「バイオレンス」を追求するファンに高く評価されている。, https://contentsbusiness.wordpress.com/2017/02/12/奥山和由インタビュー/2/, Brother -- About the Film/Producers - オフィス北野, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ソナチネ_(映画)&oldid=80111855.
個性派俳優の津田寛治さんが激やせされていたことから、病気ではないかと噂されています。 「津田さん、激やせしてませんか?気のせい?」 「津田寛治さん激やせに顔色も悪くない? 何かの病気?」 「 …  「芝居って、自分の中にある人間性を引き出すしかないので人柄が凄く出る。僕の場合は弱い自分をさらけ出すと輝くんです。立ち回りでもやっつけるより、やられるほうが俄然(がぜん)輝く。役も、ただ良い人や悪い人だけじゃなく、弱さが加わると面白くなります」 監督:戸田彬弘 出演:津田寛治、駒井蓮、勧修寺保都、松本穂香、筒井真理子. アーカイブス2020年11月号は「田中将大 伝説の24連勝、楽天 球団初の日本一」.  「抑えて芝居をする人もいるけど、僕はいろんな役をやりたいので、できることは全部やる。その顔をすることで湧き出た気持ちを切り取ってほしいと思うんです」 93年公開の「ソナチネ」で“俳優津田寛治”が誕生した瞬間だ。「スタッフはぽかーんとしてたけど、俺はもっとぽかーんですよ」と笑う。
6月30日(土)より新宿シネマカリテほか全国順次公開  96年の「キッズ・リターン」でもスタッフに呼ばれ撮影現場にいたところ、北野監督が「あんちゃん、来てたなら言ってよ」と中華料理店の息子役をくれた。「小遣いをくれるようにシーンをくれて“お母さん(経営者の奥さん)元気?”って聞く。奥さんが息子のように役者の卵をかわいがってることに心を打たれたんでしょうね。俳優の才能というより、人情で今までやってこられた」 『ソナチネ (Sonatine)』は、ビートたけしが「北野武」名義で監督した4作目の日本映画。 1993年 6月5日 全国 松竹 系ほかで公開。 キャッチコピーは「 凶暴な男、ここに眠る。 津田寛治は、1965年8月27日生まれで、福井県出身である。 北野武に直接自身の売り込みをし、1993年の映画『ソナチネ』に出演した。 津田寛治は、2017年4月に放送をスタートした連続テレビ小説・ドラマ『ひよっこ』(nhk)に出演している。  ブルーリボン賞助演男優賞を受賞した映画「模倣犯」(02年)で演じた連続殺人犯も、脆(もろ)さを内包した身勝手な男だった。「心に傷を持ちながらあがくけどいい方向に向かわない。そういう犯罪者をきちんと演じたいと思っています。強く意志を持って生きている人間よりも、振り回されている人間を演じたい」(「ポカーンですよ」/) 小学生の頃から学校をさぼって映画館に通うほどの映画好き。監督を志したが、家族から「頭がいい人しかなれない」と諭され、俳優を目指して18歳で上京。25歳の時、事務所にも所属せず、オーディションを受けながら都内の録音スタジオにある喫茶店でバイト中にチャンスが訪れた。 All Rights Reserved. All Right Reserved.  ◆津田 寛治(つだ・かんじ)1965年(昭40)8月27日、福井県生まれの49歳。主な出演作はフジテレビ系「花嫁のれん」シリーズ、TBS「ごめんね青春!」、映画は「日本沈没」(06年)、「恋の罪」(11年)など。昨年公開の出演映画は11本。NHK大河ドラマ「花燃ゆ」では小田村伊之助(大沢たかお)の兄・松島剛蔵役。1メートル73、血液型AB。, 白石麻衣 笑顔のち涙、涙の卒業コンサート「やっぱり乃木坂って最高だな」最後の衣装は…, 大島由香里アナ デキる感じの“カタカナ語録”に嫌悪感?「日本人なら、日本語で言えよって思う」, かまいたち濱家 憧れの存在はあのタレント、感銘受けた言葉も明かしさんまは「通やな~」, かまいたち山内「元を取らないと」、相方・濱家も驚く行動に生物学者は「人間よりチンパンジーに近い」. 『ソナチネ』『模倣犯』など、数々の映画やドラマで印象的な役柄を演じてきた津田寛治さん。北野武監督、大杉漣さん、渡瀬恒彦さん…すべての人との出会いが宝物だという。 ドラマ『警視庁捜査一課9係』現場で、イノッチに天然ボケ! ?ドラマ『警視庁捜査

ひと癖ある役で存在感を放つ俳優・津田寛治(49)。目鼻立ちの整ったイケメンであることを忘れさせるほど、面相を変えエキセントリックな役からコミカルな役まで演じる。小学生の頃から映画にはまり、24年前、アルバイト先の喫茶店を訪れた北野武監督(68)の「あんちゃん、出番だよ」の一言で銀幕デビュー。人情に後押しされた俳優人生の始まりだった。, カメラマンがシャッターを切るたびに顔を変える。喜怒哀楽の単純な表情だけでなく、片方の眉だけつり上げておどけたり、眉間にしわを寄せてカメラをにらみつけたり、表情筋一つ一つを動かすような豊かなバリエーションに驚かされる。 ホームAND MORE井ノ原快彦に「事務所どこですか?」津田寛治、ドラマ撮影現場で天然ぶり発揮, 『ソナチネ』『模倣犯』など、数々の映画やドラマで印象的な役柄を演じてきた津田寛治さん。北野武監督、大杉漣さん、渡瀬恒彦さん…すべての人との出会いが宝物だという。, ドラマ『警視庁捜査一課9係』シリーズも『特捜9』とタイトルを改めて放送がスタート。13年目を迎え、チームワークも抜群だが、ドラマがスタートした当初、津田さんは驚くべき天然ぶりを披露していた!, 「そうなんですよ。アイドルとかについては疎(うと)くて…。初対面のときに、井ノ原さんは現場での気遣いがすごいし、お芝居もとてもお上手だったので、どこの事務所の俳優さんかなあと思って『事務所どこですか?』って聞いたんですよ。そしたら『ジャ、ジャニーズです』って…。温厚でいつも優しい笑顔の井ノ原さんの顔が、さすがにちょっとこわばっていました(笑)」, 「そうでしょうね。本当に失礼なことをしてしまいました。家に帰ってカミさんに『井ノ原快彦さんって知ってる?』って聞いたら『イノッチでしょう?知ってるわよ。V6は誰でも知ってるよ』って言われちゃいました(笑)」, -『特捜9』と新たなタイトルで始まった人気シリーズも13年目、渡瀬恒彦さんがいらっしゃらないのが残念ですね-, 「そうですね。昨年、僕たちは渡瀬さんが戻ってきてくださるという前提で撮影に臨んでいたんです。渡瀬さんが作ってきてくださったシリーズをきちんと守って、お迎えすることを目標にみんなで頑張っていたのですが、第1、2話の撮影中に訃報が飛び込んできて…。もうみんな放心状態で、心に大きな穴があいてしまったようでした。キャストみんなでその場に集まって泣きました」, 「渡瀬さんが作ってきてくださった11年間があったので、『渡瀬さんだったらどうするだろう?』と、常に渡瀬さんのことを意識しながら、みんなで話し合って撮影していましたね」, 「そうですね。本当によくしていただきました。なかなか同じ役を10年以上も演じることはないですからね。俳優として必要なことすべてを教えていただきました。渡瀬さんが作り上げてくれた人間関係とか、そういうスピリッツみたいなものは根強くあったので、いなくなられても、みんなそれを引き継いでいるんですよね。渡瀬さんがスタジオのどこかにいらっしゃるみたいな感じでやっています」, 映画、ドラマに出演する度にまったく違う顔を見せる津田寛治さん。多いときは4~5冊台本を抱えていることもあるというが、セリフをおぼえるのは、意外な場所だった。, 「ありがとうございます。でもね、俳優というのはみんなそれをやりたくてなっていて…。でもそれが許されない俳優さんもたくさんいるんですよね。そんなことをやったらイメージが壊れてファンを裏切ることになるからって、それを押さえ込んで、ひとつのイメージの役に徹していらっしゃる方もいる。そういう方は本当に尊敬に値するなというか、すばらしいと思いますね。だから僕みたいにいろんな役をやらせてもらえるのは、本当に運が良かったし、ぜいたくなことをさせていただいているなあと思います」, -すごい勢いでお仕事をされていて、何本もかけ持ちということもあると思いますが、頭の中でどのように整理をされてるんですか?-, 「整理はしないですね。昔はそういうことも考えていたんですけど、今はもう。カラオケボックスに台本を全部持って行って、こっちのセリフをおぼえていて、もう煮詰まって、ダメだこれはと思ったら、今度は違う台本を手に取ってこっちのセリフをおぼえて、それも煮詰まったらこっちという風に、もう何て言うか、物語も何も関係なく、ただただセリフだけをガーッと入れて、それで現場に行って、そこで起きたことで心を動かしてやるという感じです」, -津田さんはセリフがものすごく多いですが、いったん入れた上で現場でいかにでも変えられるという状態にもっていくわけですか-, 「そうですね。やっぱり俳優さんによっては、フッと目を閉じると、台本が浮かんでくるという俳優さんもいて、それも絶対大事なことだと思うんですけど、『十津川警部シリーズ5』のときに内藤剛志さんと、たまたまセリフをどうやっておぼえるかという話になって、『僕なんかもう喉がやられちゃうんだよ。ほかの役者の何十倍もセリフをしゃべらなくちゃいけない役が多いから、耳鼻咽喉科に定期的に通っているんだよ』って言われたんですね。, それで、『それはしゃべるのも大変ですけど、おぼえるのも大変じゃないですか?』って聞いたら、『あれはね、字面でおぼえるとおぼえられないんだ、あれだけのセリフは。状況を思い浮かべなきゃいけない。何時何分の電車に犯人が乗って、そこで乗り換えたのが何時何分といったときに、字面ではなくて犯人が実際に電車に乗っているところを思い浮かべながらやっていく。普段、人はそうやってしゃべってるだろう?台本なんか思い浮かべないだろう?』って。, それはまさに、僕が最初に北野監督に教えられたことだったんですね。やっぱり第一線であれだけ戦ってらっしゃる俳優さんというのは、同じようなことをやってらっしゃる。自分がやってきたことは間違いじゃなかったんだなあって思いましたね」, ※映画『名前』→妻と別れ、経営していた会社が倒産した正男(津田寛治)は、茨城の片田舎で周囲にさまざまな偽名を使い、自堕落な生活を送っていた。ある日、正男を「お父さん」と呼ぶ女子高生・笑子(駒井蓮)が現れる。正男は笑子に振り回されながらも、自分の過去と向き合うことに…。, -主演映画『名前』では、本格的にお芝居をするのは初めての駒井蓮さんが相手役でしたが、いかがでした?-, 「すばらしいです。やっぱり俳優って最初に芝居をやった瞬間というか、やり始めた頃の芝居の輝き方というのは、キャリアを積んだ俳優にはなかなか出せないので、その輝きというのは素晴らしかったですね。, それで駒井さんはこの役に懸けていて、クランクインする前に、演劇 を使ったコミュニケーションを通して『表現すること』や『相手に伝えること』の楽しさや魅力を体験できるワークショップもやっていて、どんどん心が柔軟になっていくというか、色んな七色になっていくんです。, 最初はちょっと緊張で固まった色しか見えないのが、どんどん七色に変化していって、それがこの現場、茨城という場所に行って、そこでやったときに、また全然違うものになっていくというくらい柔軟な女優さんに、ちゃんと監督をはじめとするスタッフさんが仕上げていたんですね、駒井さんを。だからこそ、現場に入ったときに、台本にとらわれず、彼女の伸び伸びとした芝居をちゃんとフィルムにおさめることができたというのはあると思います」, 「結構台本と違うことになっていたりするんですけど、それを監督自身も求めているところがあって。監督も予定調和ではなく、ハプニングがそこで起きてほしいという思いもすごくあったりしたので、駒井さんがここは明るくやるのに、ちょっと暗めになっていたら、駒井さんが何でそこで暗くやったのかっていうのを掘り下げて、だったら、明るくというんじゃなくて、暗くやるんだったら、ここの設定はこうしようみたいな作り方を結構されていたんですね。, だから本当に俳優さんの気持ちというのを、台本よりもカメラワークよりも、何よりも大事にしてくれる監督だったので、それもあって駒井さんのあの芝居が引き出されているんだなと思います」, -津田さんが雨にぬれた髪を乾かしてあげているシーンや彼女に自分の人生を吐露するシーンも印象的でした-, 「難しかったんですよね。僕自身、小学校5年生の娘がいて、やっぱり何ていうか、世の中で自分の愛をほぼほぼ占めているのが娘なんです。息子もいるんですけど、もう高校生で同じ男になっちゃったので(笑)。もちろん愛してますけど。, ただ娘への愛というのは、それはもう異性に対する愛なんかはもうどこかに飛んでいっちゃうくらいすごい愛で、そういう愛を駒井さんにぶつけたときに、恋愛に見えるとまずいなというのがあって、そこは監督とも話していたんですけど、本当に恋愛に見えないようにするにはどうするだろうとか…。, 色々考えはしたんですけれども、最終的に本当に駒井さんのことが自分の娘みたいに思えて、彼女といる時間が楽しい、その楽しさは何かと言ったら、忙しいさなかに娘といるときの楽しさとすごくシンクロしだしたので、もう何も気にする必要はない。娘に接するように接すれば良いんだって思って後半は芝居をしていて。, それで最後の夜明けのシーン、実はこうだったんだよって僕が話すところというのは、もともとは台本になかったんです。それで、『何か彼女に実はこうだったというような話をして下さい。声は使わないので適当に話してくれれば良いですから』って言われたので、二人で歩いて僕は適当にしゃべっていたんですよ(笑)。使われると思わないで。適当にペラペラペラペラしゃべっていたら、それをそのまま使われていたっていう…(笑)」, 「あそこのシーンのセリフは台本にはなく、その場で思いついたことをただ、それこそ北野組の最初みたいに言ってたんです。北野組でもそういうことがあったんですけど、『TAKESHIS‘』のときに、『こんなオーディションを俺はやりたくないんだという思いをただしゃべっていて』って言われて、それをまた使われたのとちょっとシンクロしました(笑)。, あのときも適当にね。でもそれは自分が積み重ねてきたキャラの背景だったり、そういうものがあったから出てきたんですけど、こういう男なんだって、監督と積み上げた履歴書があったんでね。ただしゃべっていただけなんですけど(笑)」, 「あれは駒井さんもすばらしかったですね。駒井さんが僕を見ている目っていうんですかね、初めて聞いたことだけど、でもわかったよっていう顔でずっと見られていたんですね。その目を見てたから、どんどん出ちゃったというのもあったんですけど…。あれは本当にアンサンブルでしたね」, 「はい。顔はずっと見えないまま、後ろ向きで全部告白していたという、あの構図は誰も意図してなかったけど、たまたまああなったというね。でも、そこにはちゃんと後ろ向きの男の伝わる何かがあったっていう、あれがよく皆さんがいうところの『映画の神様がおりてきた』ということだと思いますね(笑)」, 2010年代に入ると映画監督業にもチャレンジ。短編映画『カタラズのまちで』(2013年)、短編オムニバス『かくて女神は笑いき』の一編『怯える女』(2014年)などを手がけ、監督としても高い評価を受けている。その他にも、本格的な絵画にも取り組み話題となるなど様々な分野での挑戦を続けている。, 「ものすごく楽しいです(笑)。自分が書いた作品をたくさんのスタッフが形にしてくれるのは涙が出るほどうれしいですね。準備も撮影も編集も音入れも…何もかもすべて、最初から最後まで楽しい」, 「そうですね。チャンスがあれば、そういったエピソードを盛り込んで撮りたいですね(笑)」, -「指輪」と「BIRTH」という絵を拝見させていただきましたが、絵もお上手なんですね―, 「そんなでもないです。『指輪』はカミさんと付き合う前に『好きだ』と告白したら、そのときに付けていた指輪をはずして『これを持っていて』と渡されたのがうれしくて描いた絵で、『BIRTH』は息子が出来たときの喜びを絵にしました」, 「いえいえ、全然。絵画は年老いてから本格的にやろうかなと思っています。絵を描くというのは相当しんどいというか、結構時間も取られますから、なかなか二足のわらじは難しいです。, 狭いアトリエの中で延々と向き合わなければならないというのは、ものすごい煮詰まるときは煮詰まるし、大変だし…。でもそれを乗り越えて完成させるという、その事象との戦う作業というのがあって…。だから本格的にやろうとしたら、相当腹をくくらなきゃいけないなと思います」, 「たけしさんに拾っていただいたご恩というのを新しく出てきた人方に何とか受け継ぎたいなあという思いは常々あるんです」と話し、後輩の若手俳優にも機会を与えようと尽力している津田さん。北野監督、大杉漣さん、渡瀬恒彦さん…その思いを真摯(しんし)に受け止め、継承しようとする姿に日本映画界の未来を感じる。(津島令子), ※映画『名前』  北野作品は「座頭市」(03年)などにも出演。「あの年でさらに成長していて、俺も頑張ってるつもりなのにどんどん離されてる」と尊敬。自身も03年から短編を監督。「役者の仕事に比べて数段に楽しい。いろんなものにまみれながら作品に手あかを付けていく楽しさは代え難い。いつか長編を撮りたい」。うれしそうに夢を語る顔は映画少年そのものだった。  素顔は穏やかで顔立ちも端正だが、硬軟自在に操れる“百面相”はアクセントとなる役での起用が多い。10周年を迎えたテレビ朝日の人気シリーズ「警視庁捜査一課9係」(水曜後9・00)では、主演の渡瀬恒彦(70)率いる個性的な面々の中でも自信過剰でアクの強い刑事役。眉間にしわを寄せた渋面がほとんど。連ドラ初主演のTOKYO MX「食の軍師」(水曜後11・30)は食事にこだわる中年男役でコミカルな顔も見せる。 津田寛治は、1965年8月27日生まれで、福井県出身である。 北野武に直接自身の売り込みをし、1993年の映画『ソナチネ』に出演した。 津田寛治は、2017年4月に放送をスタートした連続テレビ小説・ドラマ『ひよっこ』(nhk)に出演している。

バーチャル背景 おすすめ, Toto 予想 当たらない, サマージャンボ 2015, ベルサイユのばら ロザリー, サマージャンボミニ 848, 魔神 ガルデラ, 氷川きよし カバー コレクション, 大塚家具 再建, 三山ひろし Cm, クレヨン 図工, まつり 漢字, ソファー 解体 バネ, 広島 洗濯機レンタル 1 ヶ月, ドライヤー 回収ボックス, かすちゃん オッドアイ, オリエンタルホテル広島周辺 ご飯, 1000人に1人 パーセント, 石川界人 アニメ, Doublicat アプリ 日本語, Gボーイズ キング, Uqモバイル 家族 支払い まとめる, ダイニングソファー セット アウトレット, ヒロアカ ストーリー まとめ, 東急スクエア みなとみらい イベント, ソファー 2人掛け レザー, キャッシュバックセンター株式会社 北海道 電話番号, ウィッチャー3 ランバート いない, スーパーホテル 岡山 求人, 黒森このみ 実家,

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *