フランス語 英語 関係

je connais depuis l’école maternelle habite à Paris. 筆者はフランス語と英語を話せますが、「この2つの言語はどっちが難しいの?」と聞かれることがあります。それはもう、文法や発音、学習教材の手に入りやすさも含めて、, といつも答えています。それでは具体的に、フランス語のどんなところが英語より難しいのでしょうか。そこで今回は、フランス語の習得が難しいと言われる理由を、英語と比較して紹介します。あなたは英語とフランス語、どちらが難しいと思いますか?, フランス語は発音が難しい言語だと言われますが、本当にその通りだと思います。例えば、Rの発音。英語でもRは難しいですが、フランス語もかなり難しいです。フランス語初心者はRを発音するとき、タンを切るようにカーッと音を鳴らしたり、スペイン語のように舌を巻く人がいますが、これはフランス人からすると「汚い音」だそうです。もっとかすかに、上品に”エール”を発音しろと言われるのですが、この微妙な舌の巻き具合は加減が難しいのです。思いっきり巻き舌できる言語のほうが、Rは簡単だと思います。, ちなみにフランス語学習歴8年で、毎日フランス語を使って生活している筆者ですが、いまだに何度聞いても違いがイマイチ分からない発音がいくつかあります。代表的なのが”é“と”è“の違い。前者はエ⤴と上に上がり、後者はエ⤵と下がるのですが、単語のなかで発音されると違いが非常にわかりにくくなります。, フランス語で会話するとき、頭の中で文章を作るうえで難しいなぁといつも感じるのが目的語です。英語の場合、英文の形はほとんど5文型しかなく、目的語はit, that, me, you, him, her, themしかありません。目的語は常に動詞の後なので、とても機械的で単純であり、覚えるもの容易です。, その点フランス語は、moi, toi, luiなどの人称目的語のほかに、le, en, yなどの動詞によってくっつける目的語が変化します。さらに、英語の場合は動詞までを言った後にどんな目的語をつけるかを考える時間がありますが、フランス語の場合は基本的に動詞の前なのでこれも難しいです。頭の中である程度文章が完成していないと、発言できません。, また、英語の過去形や完了形にあたる複合過去には動詞を2つとるのですが、この場合は目的語を2つの間に挟むというルールがあります。動詞によって目的語の語順が変化し、またそのルールも複雑なので、英語に比べるとペラペラとスムーズに目的語を使えるようになるまでに時間を要します。, 筆者が英語を習得するうえでとても合理的で便利だなと感じたのは、away, on, in, offなどの方位副詞です。英語にはcome overやput onのように、動詞+方位副詞の表現がたくさんありますが、これは使いこなせるようになると非常に便利です。overが「越える感じ」、onが「乗っている感じ」というようにそれぞれの副詞がもつ感覚さえ掴められれば、あとは初めて聞く表現でも前後の文脈で何となく言おうとしていることがわかるようになってきます。, しかし、フランス語は動詞+方位副詞という便利な表現はないので、全て別の単語として一つ一つ動詞を覚えていく必要があります。例えば英語の場合は、「(人)を連れていく」場合も、「(物)を持っていく」場合も”take”で表現し、これに”away”を付ければ「連れ(持ち)去る」というニュアンスになります。フランス語の場合は、「(人)を連れていく」が”emmener”、「(物)を持っていく場合」は”emporter”です。このように目的語によって違う動詞を覚える必要があり、「持ち去る」の”away”というニュアンスがあるかどうかは文脈で判断するしかありません。, 英語で習得が難しい時制といえば、やはり「完了形」ではないでしょうか。昔と今しか時制が存在しない日本人にとって、この”完了”という感覚を掴むのは結構難しいはずです。, しかし、フランス語はさらに複雑で過去形だけでも、「複合過去」や、「半過去」、「単純過去」などがあります。フランス語は英語に比べ、時制の捉え方が”詩的”で、例えば複合過去と半過去の違いは、複合過去は一点を表し、半過去は継続や習慣、描写などを表します。カメラにたとえると、複合過去はスチルカメラがシャッターを押すように1点の過去を「カシャ」と撮ります。一方、半過去はビデオカメラの映像のように、過去の状態、描写を映し出していきます。(france-jp.netより抜粋), さらに、小説などで多用される単純過去は、「話している今から切り離された過去の出来事を客観的に描写する」という感覚の表現です。これも、“描写”するという感覚の表現方法です。逆に言えば、話す時に描写の感覚が掴めていないと、複合過去と半過去のどちらで表現すればいいのか判断できなくなってしまいます。, これに比べると、単純に時制を矢印状にして”継続して完了したもの”を完了形にできる英語は機械的で、合理的で、学習者にはとても親切です。フランス語の時制の決まりは、より感覚的なので難しいと感じます。, フランス語の動詞の活用=conjugation(コンジュゲゾン)はアホみたいに複雑です。直接法が8種類、条件法が2種類、接続法が4種類あって、6種類の主語によってそれぞれ動詞の語末が変化するので、活用の変化の84通りです。, 主要な動詞だけでも全ての動詞の変化を覚えるのは、はっきり言って不可能です。実はフランス人も覚えていないので、珍しい活用は動詞活用の辞書を使う人がほとんどです。ネイティブスピーカーでも辞書を使わないといけないほど複雑なフランス語の動詞活用…。学習者にとって難しくないはずがありません。, フランス語が難しいもう一つの理由。それはやっぱり、名詞に性があることではないでしょうか。フランス語はほぼ全ての名詞が男と女に分けられ、それによってどの冠詞をつけるのかが決まってきます。例えば度量衡単位や言語名は男性名詞、学問や果実の多くは女性名詞とされていますが、名詞が男性名詞なのか女性名詞なのかをはっきりと見分けられるような法則はこれといってありません。なので、全て覚えるしかないのです。, 実際は、男性名詞で言うところを女性名詞で言ったところで大した問題にはならないですし、意味はわかってもらえます。しかし、注意したいのは同じ語形でも男性名詞と女性名詞で意味が異なるものがあるという点です。, さらに、名詞の性によって、それにつける形容詞や過去分詞を男性形、女性形に変化させないといけないという決まりがあり、これもフランス語文法を複雑にしていると思います。, 英語であれフランス語であれ、外国語と言うのは慣れてくるとだんだん感覚が掴めてくるものです。そして、言語は学べば学ぶほど難しいと感じるようになると思います。, しかし、英語とフランス語を比べた場合、英語は機械的&合理的なのに対し、フランス語はより詩的な言語だと思います。だから、外国語としてゼロから学習する人にとっては、ルールが明確でわかりやすい英語のほうがとっつきやすいのではないでしょうか。, とはいえ、フランス人がよく「フランス語は美しい言語だ」と自慢げに語るのは、フランス語のもつ複雑さからくるのかなぁと思ったりもします。日本語でも、音読みと訓読みのある複雑な漢字が日本語の個性であり、美しさであるように、フランス語も”詩的で複雑なところ”が逆に言えば、この言語の魅力なのかもしれません。, 日本語は母音子音合わせても17個しかないのに、英語の母音と子音の数は40以上 3)いとこがよく知っている弁護士に会うことになっている。  仏 Je vais rencontrer lʼavocat que mon cousin connaît bien. フランス語の関係代名詞(les pronoms relatifs)を説明していきます! 英語でいうwho, which, whereにあたるものです。 フランス語の関係代名詞には2つの形があります。 この点が英語とは大きく違うところです。 フランス語の文法の学習手順はこちら 4)彼は犬が壊したソファーを修理した。  仏 Il a réparé le canapé que son chien avait détruit. あと文法も、基礎をしっかり理解すれば、フランス語の方が機械的で論理的です。英語はとにかく例外が多いので、機械的だとは思えません。フランス語の方がルールは明確なのではないでしょうか。, 多分、筆者の方は相当英語がおできになり、英語をベースに考えて比較するからフランス語が難しく感じるのだと思います。でも基礎をしっかり理解すれば、フランス語の方が規則性があって楽だと思います。例えば動詞の原形は語尾がある程度共通していて見分けやすいですが、英語はバラバラです。動詞の変化など、最初は覚えなければいけないことが多いので面倒くささが難しく感じるのだとは思いますが、覚えてしまえば文法も発音も例外が少なく、機械的、論理的です。むしろ英語の方が、例外が多いので難しく感じます。特に発音は、ひとつひとつの音だけでなく、抑揚やアクセント、不規則なリエゾンなどが難しいです。その点、フランス語は抑揚もリエゾンもかなりシンプルな規則性があるので楽なだけではなく、慣れると聞き心地がいいもので、美しい言語だとフランス人が自負するのもわかる気がします。, なるほど…トルシエの通訳をやってたフランス人のフローランダバディーも、英語は文法に例外が多すぎて話にならんとか言ってたそう…まあ私には何語も難しいです…, うむ…難しい易しい言語だといっても、やはり全員の意見が一致するこはないですね…学習する言語と自分の母国語の相対性もあるけど相性もある。韓国語は日本語に似て、日本人にとって易しいと言われるが、逆に似ているがゆえに難しいと感じる人もいる、漢字は外国人にって難しいと思われるが、面白いと言う人もいる、英語は易しい言語だと言う人いるが、全員の意見ではないことは明白だ、英語で苦しんでいる人はあふれている。中国語の発音は難しいと言われるが別に難しくないと言う人いるでしょう、ただネイテイーブレベルまで目指すのはどの言語も難しい、言語は生涯学習なりです…, 私は今、フランス語を勉強してますが、発音と文法に困難しています。 2019年8月末からフランスのリールカトリック大学(L’université catholique de Lille), 国際関係学、国際政治社会科学専攻(ESPOL)に留学します!まず、「リール」という町を皆さんご存知ですか?かくいう私も留学先を調べ始めた頃、初めてリールの存在を知りました。 先ず最初に日本語の中に入っているフランス語について見てみましょう。日本語の中にはたくさんのカタカナ語が使われていますが、探すと結構たくさんのフランス語がみつかります。, たとえば、最近よく「プチ整形」だとか、「プチダイエット」のような表現を耳にしますが、このプチというのはフランス語で「小さい、ちょっとした」という意味の形容詞です。とにかく何でもフランス語だとおしゃれな感じがするので、大きいものはマンションから小さいものはケーキまでいろいろな商品の名前に、よくフランス語が使われています。ちょっとおしゃれな喫茶店にでも行ってメニューを見ると、ガトーショコラやミルフィーユなどというケーキの名前を見るのはすっかり当たり前になりました。ガトーショコラはフランス語でチョコレートケーキのことです。ミルフィーユの方はちょっと難しいのですが、ミルは「千」で多いことを表します。フィーユは「木の葉」や「薄いもの」を意味していて、全体で薄いパイ生地が何層にもなっているケーキの形状を表しています。ただし発音はかなり違っていて、本当ならミルファイユまたはミルフェイユとしたいところです。ケーキを食べながら飲むカフェオーレというのもフランス語です。フランス語ではカフェオレと発音しますが、なぜか日本語に入ってカフェオーレと長くなったようです。喫茶店ではパフェという商品がありますが、これもフランス語でパルフェがなまってパフェになったようです。パルフェはparfaitと綴り、英語のパーフェクトと同じ意味です。つまり何種類かのフルーツやアイスなどが入っていて、まさに完璧なものというところから来たのでしょう。, 阪大に来るのに阪急電車に乗って来る学生さんも多いかと思いますが、阪急電車のラガールカードというのはラガールというフランス語とカードという英語を合成したものです。ラガールのラは定冠詞の女性形です。ガールはガレージなどと関係のある言葉で、「駅」という意味です。ですから、ラガールカードは、考えて見れば「駅カード」という変な名前なのです。ちなみにJR大阪駅のショッピングモールのガレ大阪という名前のガレは、このフランス語の駅gareという言葉の発音を間違えたものです。ラガールカードとまあ、どっこいどっこいでしょうか。このようにフランス語のつもりで発音を間違えてカタカナで書かれている例は枚挙にいとまがありません。, がらっと話は変わりますが、カツラのメーカーにアデランスというのが有りますが、実はこれもフランス語で、「ぴったり張り付くもの」というような意味です。まあ、考えてみれば確かにそうですが、あまりにももろ、という感じがしますね。, もう一つ、意外な例を挙げておきましょう。皆さんの誰もが、子供の時に綱引きをしたことがあると思いますが、そのときに言ったのはどんなかけ声でしたか。関西では、「オーエス、オーエス」というのが一番普通だと思いますが、実はこれもフランス語なのです。これはフランス語の間投詞Ohと、hisser「引く、引っ張る」という意味の動詞の命令形から来ているのです。早くから外国に開かれていた神戸の港にフランスの船も来ていたのでしょう。その頃はまだ帆船も多かったのでしょう。帆船で帆をあげるためにロープを引くときにフランス人の船乗り達が「それ引け、やれ引け」のような感じで言っていたフランス語の発音が多少変形して(たぶん船員を介して)「オーエス」になって、綱を引くときに使うかけ声として定着したもののようです。, 新しい言葉だけでなく、意外なところにフランス語から来た言葉やフランス語と関係のある言葉が使われていたりしますが、このサイトでまたそのような話題の記事を追加していく予定です。, フランス語はイタリア語やスペイン語、ポルトガル語、そして地理的には少し離れますがルーマニア語などと近い関係にある言葉で、これらの言語は総称してロマンス(諸)語と呼ばれています。これらの言語は、地中海全域に勢力を誇ったローマ帝国の言葉であったラテン語が、それぞれの地域で土着の言葉や周りの言葉の影響などを受けながら、独自の変化をとげて今の形になったものです。フランス語はもともとその地にいたケルト民族の話していたゴール語(ガリア語)の上にラテン語が重なり、後からフランスの国名にもなったゲルマン系のフランク族が侵入してきて、彼らの言葉であるフランク語がさらに影響を与えてできあがった言葉です。, 一方、みなさんの殆どが初めての外国語として習われた英語は、オランダ語やドイツ語、またデンマーク語やノルウェー語、スエーデン語、アイスランド語などの北欧諸語と近い関係にあり、これらの言語は総称してゲルマン(諸)語と呼ばれています。, さてこのロマンス諸語の祖先であるラテン語と、ゲルマン諸語の祖先であるゴート語もずっと歴史をさかのぼれば同じ祖先にたどり着くので、ドイツ語や英語とフランス語とはかなり遠い親戚関係にあると言えますが、ドイツ語とフランス語を並べてみても素人目には似ても似つかぬ言葉どうしにしか見えません。, 一方、英語の方は、「遠くの親戚よりも近くの隣人」のような言い回しもありますが、ドイツ語よりもずっとフランス語に近いように思えるぐらい、フランス語とは共通点があります。それは、時には泳いで渡る人もいるぐらいの近さの英仏海峡を隔てて隣り合わせのイギリスとフランスとは歴史的に密接な関係にあったことと、フランス語の祖先であるラテン語が、ヨーロッパにおいては長く、中国語が日本語や韓国語に対して果たしていたような役割を持っていたことに理由があります。歴史的には1066年の『ノルマンの征服』と呼ばれる事件の後、フランスのノルマンディー地方の貴族が同時にイギリスの王家でもあるという状態になり、以後300年以上にわたってフランス語がイギリスのいわば公用語として用いられたのです。ロビンフッドがいたとされる時代には、イギリスの支配階級の人たちは主にフランス語を話していたのです。英語とフランス語が併存していたこの間に、英語は様々な面においてフランス語から大きな影響を受け、直接的な借用や翻訳借用などが起こりました。おまけに、フランス語を飛び越してラテン語からの借用もあるため、現代英語の語彙の半数以上がフランス語またはラテン語に由来するものとなっています。もちろん、犬(dog/仏:chien)、父親(father/仏:père)、家(house/仏:maison)のように基本的な単語はあまり借用されることがないので、似ていない場合が多いのですが、抽象的な意味を表す単語になればなるほどフランス語やラテン語に由来する単語が増えてきます。, このような理由で、学習において英語の知識が一番生かせる外国語はフランス語であると言っていいでしょう。table, possible, constructionなど、英語とフランス語で綴り字が全く同じ単語も少なくありません。あるいはfutur, classe、adresseのように少しだけ綴り字が違っているものも、類推で意味をある程度予想することができます。熟語などでもそのまま英語に単語を置き換えて見ると、知っている英語の熟語になったりと、英語の知識がフルに生かせます。, 英語の知識が生かせると言っても、発音はかなり違います。英語が強弱アクセントを持つ言語であり、アクセントの無い母音は非常に弱くまた曖昧になるのに対して、フランス語は強弱アクセントによる言語ではなく、一つ一つの母音がはっきりと発音されます。この点は音節言語である日本語の話者には発音しやすい言語です。ただし、日本語や英語と違って、口の形をしっかりかまえて筋肉を緊張させて鋭く発音しなければいけないところが最初は少し難しいのですが、慣れれば力を抜いてもフランス語らしく発音することが出来るようになります。1年もすればフランス人と比べても遜色のない発音が出来るようになります。, フランス語には鼻母音があるので有名ですが、特に難しいわけではありません。たとえば日本語で「アンパン」と言ってみると、「ア」の途中から息が鼻に抜けて行きますがその部分の音を独立させた音だと思えばいいでしょう。英語の音がどちらかと言えば後ろよりで発音されてこもりがちになるのに対して、フランス語の音は口の前の方で発音されることが多く、英語に比べれば明るい音になります。また、[p][b]といった破裂音も強い息を伴ないません。さらに[t][d]など英語では歯茎に舌をつけて発音する音も、フランス語では上歯の裏に舌の先をつけて発音されます。鼻母音の存在もあいまって、フランス語の音が明るく柔らかい感じになるのはこれらの特徴があるからです。, 英語の得意な人が注意しなければいけないのは、l(エル)の発音です。英語ではmilkがミウク、beautifulがビューティフのように聞こえるように、位置によっては舌を後ろに引いて半ば母音化した暗いこもった音になりますが、フランス語では常に舌の先を歯茎から上歯の裏につけて発音するので、はっきりした明るい音になります。またrの音も英語と大きく違っています。例えばフランス語で「ありがとう」の意味のmerciという単語やパリを意味するParisは、綴り字を知らずに素直に聞こえるようにカタカナで書いたら、それぞれメフスィ、パヒとなるでしょう。つまりrの発音は、英語のrや日本語のラ行の音などよりも、ハ行の音に近いのです。, 文法についても、フランス語と英語との間にはいろいろと似ている部分もあります。先ず基本的な語順が<主語-動詞-目的語>というように、英語と同じです。また、単数/複数の区別があることや、名詞には冠詞が付く点も同じです。ただ、形容詞は基本的には名詞の後ろに置くという点が大きな違いです。毎年11月になると、「ボージョレ・ヌーヴォー」という言葉が話題になりますが、これは「ボージョレ」という銘柄のワインの新酒という意味で、ヌーヴォーは「新しい」という意味の形容詞です。英語ならば「ニュー・ボージョレ」と言うところです。姉妹関係にあるスペイン語やイタリア語でも同じですが、タイ語なども形容詞が名詞の後ろに来ます。つまり世界には形容詞が名詞の前に来る言葉と、後ろに来る言葉があるのです。ちなみに英語はこの点では中途半端な言葉で、形容詞に相当するものが長くなると名詞の後ろに来るようになります。a girl standing over there や the book that I bought yesterday のイタリックにした現在分詞や関係代名詞による修飾部分がそうです。つまり、日本語では名詞にかかる修飾語句は常に名詞の前に来て、フランス語では常に名詞の後ろに来ますが、英語は折衷型というわけです。(ついでですが、英語でもsecretary general, something new, Japan proper, mission impossibleなどのように形容詞が名詞の後ろに来ることがあります。), 次に、フランス語の名詞には性があります。名詞は男性名詞と女性名詞とに別れます。ドイツ語やロシア語には中性名詞というのもありますが、幸いフランス語にはありません。例えばtableという名詞は女性名詞です。一方、café「コーヒー」は男性名詞です。名詞を覚えるときには、その名詞が男性なのか女性なのかを一緒に覚えなければいけません。これは別に「テーブル」が女で、コーヒーが男だと言っているわけではありません。名詞を二つのグループに分けて、mère「お母さん」や fille「女の子」、tante「おばさん」のように女性を表す名詞が含まれる方のグループを女性名詞、père「お父さん」や garçon「男の子」、oncle「おじさん」のように男性を表す名詞が含まれるグループを男性名詞と呼んでいるだけです。これは一見、面倒なように見えますが、日本語でも数えるときに一本、二本と数える名詞、一枚、二枚と数える名詞、のように名詞を幾つかのグループに分けているわけで、それを大々的にそして義務的にやっているだけだと思えばいいのです。, 動詞については英語よりは面倒です。でもドイツ語やラテン語、ロシア語などに比べるとずっと簡単です。英語では現在形、過去形、過去分詞形をcome-came-come のように覚えますが、フランス語では原則として人称と単数複数によって語尾が変化するので、現在形だけでも六つの形があることになります。でも語尾が結局同じ形だったり、実際の発音は同じだったりするので、最初に思うほどは大変ではありません。 フランス語由来で、「ひとまとめに、一緒に」という意味。 例:~というルールでは、A、B、Cの3国をひとまとめに扱った。 かつて、イギリスの公用語はフランス語だったということですよね。 そのとおりなのですが、フランス語が一般的にイギリスの公用語になったのは、1066年のノルマン征服("the Norman Conquest")によるウィリアム1世の即位がきっかけと言われています。 You have entered an incorrect email address! フランス語はいくつあるのはわかりませんがおそらく英語以上でしょう。, 学校における日本人の外国語学習はこの事実を踏まえてから行わないといけないのではないでしょうか?, …最初はフランス語のほうが難しいでしょうな、名詞の性とか、しかし不覚勉強するとフランス語のほうが使いやすいという人も多い, 私はフランス語勉強したことはありませんが…ヨーロッパ言語は名詞の性や動詞の変化が多くて文法が複雑、ドイツ語はさらに男性、女性、中性と、名詞の性が三つありますからね、挫折しましたが…英語、中国語は文法がそれほど難しくないが発音が難しい、特に中国語の声調。英語、中国語は難しいというよりイデイオムが多く奥が深い……, 1.フランス語のRは発音するのは難しいですが、LとR聞き取るのは英語より簡単だと思います。”é“と”è“の発音は本当に聞き分けるのが大変で、フランス人の友人の会話で”é“と”è“が出てきてもほとんど区別できません。

Ocnモバイル 速度, アーロンチェア リマスタード ミネラル, バーナビー タイバニ, Paypay ワイモバイル まとめて支払い できない, ボーコンセプト 照明, ゲラルト 年齢, カリモク ソファ 合 皮, 薄桜鬼 強さランキング, 地震回数 ランキング 2019, Uqモバイル Line 引き継ぎ, シートパック おすすめ, ケユカ スペシャルウィーク, 二ノ国 Ds 攻略 マジックマスター, ゆうかん 迷惑, 山田哲人 年俸 2020, 錦織圭 ランキング試算, ソファ へたり 防止, オカダヤ 横浜ジョイナス, ソファーベッド 本革, 宝くじ 10万円 確率, 遊戯王 ラッシュデュエル 通販, 洋楽女性グループ 昔, Aedマップ アプリ, 宝くじ 10枚だけ, 向かい干支 辰, 加藤ミリヤ インスタ, 家電まとめ買い どこが安い, どーんといこうや 2ch, 二ノ国 映画 声優, 赤口 財布, ナフコ カーテン 返品, ナンバーズ 購入 コンビニ, 小野田正史 高校, 東野圭吾 評判, カリモク 革 リーベル, Uq通信サービス解約届 個人, 坂本冬美 結婚, かすちゃん オッドアイ, 光ファイバー インターネット, 天城越え カバー, 宝くじ 縦バラ デメリット, ファトマワティ スカルノ, エルゴヒューマン Tobe, 日本人 ハーフ 組み合わせ, オフィスチェア 中古 アーロン, 宝くじ Toto 確率, ハイバックソファ 3人掛け, イドインヴェイデッド あらすじ, ジョーカー ゲーム Rank, Uqモバイル 利用停止 いつ, さくらまや ミュージカル, タイガーアンドバニー 天井, てつと 大学, アーロンチェア ジェネリック, スクラッチ 当たる 画像, 岩佐 美咲 ディナーショー,

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *