ブルックス ハイペリオンエリート レビュー



カーボンプレートの入ったハイペリオン エリートで話題になったブルックスのレース用シューズですが、今度はカーボンプレートを使わずに高反発を得られるランニングシューズ「ハイペリオン テンポ(hyperion tempo)」を登場させました。 各メーカーがこぞって厚底カーボンシューズの新製品をリリースし始めたのが今年になってからだった。今や、メジャーなブランドだけでなく世界中のシューズブランドがこのシステムのシューズをリリースしているので、今回は8足の比較を行うことにした。, 反発性:10点(ミッドソール:ZOOM X = Pebax)軽量性:6点安定性:5点グリップ:7点疲労軽減:4点通気性:8点(アッパー:ニット)※アトムニットフィット感:7点, しかし... この暴れ馬を操ることは多くのレベルのランナーにとって難しく、マラソンで使うとなると尚更である(エリート選手でもこのシューズでマラソンを走るものは多くない)。, 反発性はピカイチだが、走法を選ぶのと、マラソンでは最後まで脚がもたないという感想も多く、幅広い練習で使用できるかというとそうでもないので、汎用性が高くない。, 「テンポネクストで練習を積んでアルファフライで!」とメーカー側は謳っているが、それをするんだったら、そもそももっとフィジカル面を強化した方がいいと思う(個人の感想です)。, そして、公認レースではこういった厚底シューズがロードレースでしか2020年12月以降使用できないうえに、ロードレースの開催自体があまりない。, それでも、この33,000円という高価すぎるシューズを多くの市民ランナーに買わせたナイキは本当にすごいし、テンポネクストからのアルファフライを買わせる流れは「さすが」としか言いようがない。, パフォーマンス点はあまり高くないのは「扱いが難しい」ということの表れであるが、このシューズを履きこなせるランナーにとっては大きな武器になることは間違いない。, 反発性:9点(ミッドソール:ZOOM X = Pebax)軽量性:9点安定性:7点グリップ:7点疲労軽減:9点通気性:7点(アッパー:ナイロンメッシュ【TPU】)※ヴェイパーウィーブフィット感:6点, 5000m、10000m、ハーフ、マラソンのレースだけでなく、インターバル、ペース走、距離走など幅広い練習で使用できる。値段がもう少し安く、耐久性がもう少し高ければ完璧であるが、パフォーマンス点が高いので、当然プロダクトは良いと評価されているので売れるし、継続して使用されている。, この1年間で、ロードレースにおけるネクスト%の優位性の牙城は崩れていないと感じる。, 反発性:10点(ミッドソール:LIGHT STRIKE PRO)軽量性:5点安定性:6点グリップ:7点疲労軽減:6点通気性:8点(アッパー:単層のセラーメッシュ【リサイクルポリエステル】)フィット感:8点, 反発性はネクスト%よりも高く、ミッドソールの弾性はZoom Xよりもモッチリしている。マラソンぐらいのペースではふんわりと弾む走る感じが心地よいと感じる。, 超厚底からか接地のレスポンスが遅く、重量の重さが影響してか、私のような5000m15分台後半レベルのランナーだと、5000mのレースペースぐらいのペースだとケイデンスが出しにくい(ピッチが高まりにくい / 高めようとすると疲労する)。, 前方方向の縦の動きに対しては接地時の安定感は高いが、私のレベルの基礎筋力で走ると横 / 斜め方向の安定性は高くないと感じるのでロードレースでの折り返しや、トラックレース(つまり10000m以下の距離のレース)でのコーナーワークには向いていないのかもしれない。, 耐久性は高くないが、値段はそこそこするのでコストパフォーマンスが高いとはいえず、汎用性も高くないので限られた局面で使用するシューズだといえる(他のシューズとの履きわけが重要)。, シューズは良さと課題の明暗がはっきりしたような感じで今後のアップデートに期待したい。, このシューズを履いた選手が女子単独レースの世界記録や、ロンドンマラソン男子2位を獲得しているが、そもそもアディダスの契約選手は、元から実力が高かったということを考慮しなければならない(あくまで高い能力を持つ選手が良いシューズを履くから記録が出る)。, 反発性:8点(ミッドソール:PWRRUN PB = Pebax)軽量性:7点安定性:8点グリップ:7点疲労軽減:7点通気性:6点(アッパー:単層のエンジニアードメッシュ)フィット感:8点, 軽さがありながらもパワーが出せるシューズでもある。アディオスプロがグッと沈んで弾むのに対して、こちらはレスポンスが速く、反発のある厚底シューズとは思えない感覚である。, ミッドソールのフォームはPWRRUN PB(Pebax)で、Zoom Xよりも硬度がやや硬い(それでも柔らかい方ではあるが)。汎用性が高く、走法やレベルを問わないバランスの良いシューズだと感じる。, プロダクトはかなり良いしコスパも良いが、ABCマートの一部大型店舗とABCマートのオンラインにしか売ってないのが致命的(販路が小さい)。そして、店舗の在庫もオンラインの在庫もよく売れるサイズはもう在庫がない(現在はウイメンズのサイズは在庫がある)。流通量が少なく、需要があるのにマーケットに供給されていないという致命的な状況。, そのようなことから、ナイキのシューズほど知名度が高くなく、2020年に発売してからも実際にこのシューズを履いているトップ選手が日本にあまりいないということも、流通が一部にとどまっていることに関係しているだろう。, ただ、プロダクトは良いので、このシューズを履いたランナーの評価は高い。パフォーマンス点は劣るものの、コストパフォーマンスが高いので合計点はネクスト%と同じ73点とした。, もっと多くのランナーに評価されても良いシューズであるが、潜在的に多くのランナーの手元に行きついていないと感じる。, ただ、このモデルのニューカラーが海外で流通しているので、もしかしたらニューカラーのエンドルフィンプロが日本でも販売される可能性があるのかもしれない。, 反発性:7点(ミッドソール:DNA FLASH)軽量性:7点安定性:9点グリップ:6点疲労軽減:7点通気性:6点(アッパー:メッシュ【ポリエチレン75%+ナイロン25%】)フィット感:7点, ハイペリオンエリート2のミッドソールのフォームのDNA FLASHはEVAを液化窒素ガスを混ぜて臨界発泡して成型したものであるが、スケッチャーズのHyper burstのように軽さとライド感が非常に似ている(お風呂マットのようなフォーム)。ただ、EVAはZOOM XやPWRRUN PBなどのPebaxほどはバウンスしない。, そのようなことから特段、反発性があるわけでもないが、このシューズは前足部が幅広になっていること、そしてDNA FLASHいうフォームからも接地時の安定性は高い。ブルックスのシューズのなかで、パフォーマンスレベルをとるならこの1足であるが、汎用性をとるならハイペリオンテンポの方がコスパは断然良い。, 反発性:7点(ミッドソール:FuelCell)軽量性:8点安定性:9点グリップ:8点疲労軽減:7点通気性:5点(アッパー:メッシュ)フィット感:8点, 特徴は厚底だと思わせないほどの接地時の安定性の高さ(これまでのレーシングフラットの延長線上の感覚で履ける)、様々な距離の種目で使用でき、またレベルを問わない汎用性の高さ、各機能のバランスの良さが挙がる。, アッパーは日本人の標準的な足型だと、やや幅広に作られているフューエルセルTCよりもフィット感、ホールド感に優れていると感じるが(つまり幅広ではない)、通気性が課題。仮に夏のレースや気温や湿度が高いレース、特にマラソンだと靴の中が蒸れる可能性がある。, フューエルセルTCに似たような反発性はそこまで特筆するものではないが、これまでのニューバランスのシューズの中ではトップクラス。カーボン入りのフューエルセル5280ほどの軽さと、グリップ、反発性はないにしても、一定のペースで押していくような練習やレースにはもってこいの1足である。, ミッドソールのフューエルセルは、プロダクトの機能性によって硬度を微妙に変えており、このフューエルセルRCエリートのミッドソールは柔らかいが、アディオスプロのライトストライクプロのようなモッチリした感じではあるものの、それよりも反発性が少し落ちるが、その点安定性が高いようなミッドソールだと感じた。, 反発性:6点(ミッドソール:X-DYNAMIC = PEBA)軽量性:8点安定性:9点グリップ:8点疲労軽減:6点通気性:7点(アッパー:ナイロンメッシュ【TPU】)フィット感:7点, このシューズは、中足部がやや硬いのでこれまでのレーシングフラットと同じような感覚で走れるが(ヒール部分のクッションが強い)、サンドイッチされているカーボンプレートガフルレングスではない。, しかし、これまでのレーシングフラットよりも、当然「反発」というか「助力」があると感じる(カーボンプレートとミッドソールのPEBAによるもの)。.

ブルックス 厚底シューズ トップモデルとしてhyperion elite(ハイペリオンエリート)の世界同時発売する。日本ではアキレスが2月29日(土)から新宿西口ハルクや主要店舗10店のほか、「brooks」公式サイトで220足を限定発売する。
「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」は、現在のスポーツシューズ業界における最速シューズの座に君臨している。実際、ケニア人ランナーのエリウド・キプチョゲ選手が、非公認レースながら42.195kmで、2時間の壁を破る1時間59分40秒をマークした際や、日本人ランナーの大迫傑選手が「東京マラソン2020」において2時間5分29秒で走り、みずからの日本記録を更新した際に着用していたのは、同モデルだ。, そんなプロダクトに対抗すべく、新機軸を結集してリリースされ、ワールドワイドで注目されているのが、アディダスの「アディゼロ アディオス プロ」とブルックスの「ハイペリオンエリート2」だ。今回は、この2足の走行性能の高さを徹底レビューする。, アディダス「アディゼロ アディオス プロ」(品番:G55661)。公式サイト価格は27,500円(税込), ブルックス「ハイペリオンエリート2」(品番:1000371D111-BRU0376)。公式サイト価格は29,700円(税込), 2018年の「ベルリンマラソン」で、エリウド・キプチョゲが2時間1分39秒の世界記録を出したり、2020年の「箱根駅伝」において8割を超える着用率を記録したりと、ここ数シーズンの長距離ランニングシーンをリードしてきたのは、ナイキの「ヴェイパーフライ」シリーズで間違いない。しかしながら、他ブランドもそれに対抗すべく、数々のプロダクトをリリースしており、なかでも今回紹介する2モデルが対抗する最も有力な存在と言ってよいだろう。それがアディダスの「アディゼロ アディオス プロ」とブルックスの「ハイペリオンエリート2」である。, 「アディゼロ アディオス プロ」は、アディダス史上最速のランニングシューズを開発すべく、ロネックス・キプルト選手やジェイシリン・ジェプコスゲイ選手といったトップアスリートと、アディダスの専任チームによって共同で開発された1足。本モデルは、足の中足骨をヒントに調整された5本の骨状カーボンバーで構成された「エナジーロッド」を、アディダスで最も軽量かつ反発性の高いフォーム素材「ライトストライク プロ」で挟んだサンドイッチ構造を採用。着地時の適度な沈み込みや安定性、重心移動時の反発性を生み出し、爆発的な推進力をランナーに提供する。, いっぽう、ブルックスの「ハイペリオンエリート2」は、2020年2月末の発売時点では同社史上最速モデルであった「ハイペリオンエリート」の進化版で、2020年9月1日に世界同時発売された。ミッドソールには、「ハイペリオンテンポ」に使われている最新マテリアル「DNA FLASH」を採用。「DNA FLASH」は、液体窒素を素材に融合させる液体形成プロセスを用いた第3のミッドソール素材であり、これによって、独特の安定性と反発力を合わせ持つ可変式カーボンプレートを挟み込むことで、前作よりも安定感、軽快感ともに向上。 ランナーの持つポテンシャルを最大限に引き出してくれるハイエンドモデルに仕上がっている。, アッパーには、同社ランニングラインにおける最薄最軽量のリサイクルポリエステル製メッシュと、内側に搭載されたサポートケージを組み合わせた「セラーメッシュ」が使用されており、フィット性が高く、かかとから前足部に至るまで足との一体感が強く感じられた。, アッパーには、「セラーメッシュ」を使用。軽さやフィット性を保ちながら、足の部位ごとに適した柔軟性、通気性、サポート性を提供する, シュータンがサイドで固定されている構造は、2020年7月にレビュー記事を書いた「アディゼロ プロ」と共通の仕様で、中足部のフィット感を向上させてくれている。新たに採用されたミッドソール素材「ライトストライク プロ」は、立っている状態でもそのやわらかさが感じられるが、グラつきがなく安定性は高い。一般的に柔軟なミッドソールは安定性が懸念されるが、この素材の場合は変形後に素早く元に戻ろうとするので、その心配は少ないかと。, ミッドソールには、同社で最も軽量かつ反発性の高いフォーム素材「ライトストライク プロ」を使用, 実際に走り始めてみると、ミッドソールが衝撃を吸収してから、その力を反発に変換するスピードがクイックであることが体感できる。それもあってか、着地安定性がとても高いのだ。それに加え、ヒール部分に内蔵された素材「ナイロン+」と「カーボンファイバー・ヒールプレート」も安定性の向上に貢献している。, 徐々にスピードを上げていくと、前足部に5本指状に配された「エナジーロッド」のしなりもプラスされ、浮遊感のある推進力が提供されるので、自然とペースが上がる。「アディゼロ プロ」がこれまでの「アディゼロ」シリーズの走行感をある程度継承していたのに対し、この「アディゼロ アディオス プロ」は、まったく新しい走行感が本当に楽しく、ついついペースを上げたくなる。, アウトソールラバーは、刻みのない、クルマ用タイヤで言えばスリックタイヤのようなタイプで、「グリップは大丈夫だろうか?」と思う人もいるかもしれない。しかし、コンクリートやアスファルトといった路面側に十分な摩擦力がある場合には、抜群のグリップ力を発揮し、ランナーの脚力を逃すことなく路面へと伝えてくれた。日課の6kmランを終えるまでに最速で4分3秒/kmで走ったが、足への負担も少なく、筆者レベルのランナーでも快適に高速走行が楽しめる1足であることが理解できた。, アウトソールラバーは、刻みのないタイプ。コンクリートやアスファルトといった路面側に十分な摩擦力がある道では、グリップ力をしっかりと発揮する, 前足部には、5本の骨状カーボンバーで構成された「エナジーロッド」を内蔵。ミッドソールの「ライトストライク」内部に配されるために視認できないが、アウトソールに浮き上がった汚れから、その搭載位置を想像できる, アッパーは、基本的に従来モデル「ハイペリオンエリート」を継承しており、その高いフィット感は変わらない。いっぽうで、ミッドソールの素材が「DNA ZERO」から「DNA FLASH」へと変更されたことで履き心地は大きく変わっている。前モデルはどちらか言うと硬めのセッティングだったのだが、本モデルは立っている状態でもそのやわらかさが伝わってくる。「DNA FLASH」は「ハイペリオンテンポ」で経験しているが、「ハイペリオンエリート2」は可変式カーボンプレートを内蔵していることで、その履き心地は「ハイペリオンテンポ」とも異なる。, 液化窒素ガスを混ぜ、臨界発泡させて成型しているミッドソール素材「DNA FLASH」をミッドソールに採用。高いレベルの衝撃吸収性と反発性、安定性を確保しながらも、足へのやさしさも感じられる, 実際に走り始めてみると、まず感じるのは「DNA FLASH」を採用したことによるソフトな着地感。スローなペースで走っていると、まず感じるのは足へのやさしさだ。徐々にペースを上げると、「DNA FLASH」と可変式カーボンプレートの推進力が融合され、自然と足が前に出るような走行感が得られる。その走り心地は前モデル「ハイペリオンエリート」が転がるような感じだったのに対し、今回の「ハイペリオンエリート2」は跳ねるように前方へ押し出されるような感覚だ。, 通常は6kmのランを日課としているが、この日は「ハイペリオンエリート2」の走り心地を思う存分に楽しむべく10kmを走行した。最終的にペースを4分11秒/kmまで上げることができたが、「DNA FLASH」の衝撃吸収性の高さもあって、足への疲労感は最小限。普段と異なるトレーニングをすると、足に違和感が出たりすることもあるが、翌日も翌々日も脚部に疲労感は残っていなかった。, 新採用されたアウトソールパターンは、アスファルトやコンクリートといった舗装路で最高のグリップ性を発揮。ソリッドラバーの配置面積も広いので、アウトソールの耐摩耗性は同種のレーシングシューズではトップレベルにある。かかととつま先をローリングさせた形状の「ラピッドソールテクノロジー」も、よりスムーズな重心移動と推進力を生み出すのに貢献してくれていた。, アスファルトやコンクリートといった舗装路で、最高のグリップ性を発揮するアウトソールパターン。ソリッドラバーを配した面積も広いので、耐摩耗性も十分だ, 以上のように、アディダス「アディゼロ アディオス プロ」と、ブルックス「ハイペリオンエリート2」で試走してみたが、前者で6度、後者で7度走った感想は、どちらのシューズも現在ランニングシューズ市場に存在するプロダクトにおいて、「最も速いシューズ」、言い換えると「最も推進力にすぐれたシューズ」であるということだ。, 先述のとおり、現在は「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」および「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」が長距離ランニングの世界を席巻しているが、今回紹介した2モデルは、これに十分に対抗できるレベルにある。筆者レベルのランナーが履いても、その走行性能の高さが理解できた。, また、「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」が走力レベルや着地位置をある程度選ぶのに対し、今回の2モデルは、「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%」同様に間口が広いという感想を持った。トップアスリートのために開発されたプロダクトではあるが、サブ3.5クラスのランナーが履いても、その走りやすさを体感することができ、自己記録更新の大きな助けになってくれる気がする。, さらに、かかと寄りの着地でも走りにくくなかったことも、一般ランナーにとってはうれしい点だ。新型コロナウイルスの影響もあり、なかなかレース開催は困難な状況だが、レースにエントリーできる状況になった際には、ぜひともトライしてほしい2足である。, ちなみに、2020年9月5日、チェコのプラハで開催された「プラハ・ハーフマラソン」において、ペレス・ジェプチルチル選手(ケニア)が、女子単独レースの世界記録となる1時間5分34秒を、さらに男子レースではキビウォット・カンディエ選手(ケニア)が、世界歴代5位となる58分37秒を記録するなど、「アディゼロ アディオス プロ」を履いたアスリートの活躍が報告されている。これからレースが開催されるようになれば、「ハイペリオンエリート2」を着用した選手の好記録も期待できるので、今後もこの2足を履いたアスリートたちの活躍が楽しみだ。, ランニングギアの雑誌・ウェブメディア「Runners Pulse」の編集長。「Running Style」などの他媒体にも寄稿する。「楽しく走る!」をモットーにほぼ毎日走るファンランナー。フルマラソンのベストタイムは3時間52分00秒。, ※情報の取り扱いには十分に注意し、確認した上で掲載しておりますが、その正確性、妥当性、適法性、目的適合性等いかなる保証もいたしません。 Vuelta a Espana, スポーツジャーナリスト。自転車をはじめ、卓球・陸上・ボート競技などを追い、日刊スポーツ、東京中日スポーツ、Number、Tarzan、Sportivaなどで執筆。日本国内で行われる自転車の国際大会では広報を歴任。著書に『シマノ~世界を制した自転車パーツ~堺の町工場が世界標準となるまで』(光文社)。講談社現代新書『ツール・ド・フランス』。, バンムーフには手を出すな…オランダの自転車窃盗団もお手上げのスマートバイク日本上陸, あさひ最大級の売場面積と展示台数。サイクルベースあさひ座間店が3月21日リニューアル, 浅田真央がアイスショー「ARSOA with MAO Ice Party 2019」に出演. Giro d’Italia

ウィッチャー3 選択肢 謁見, Uqモバイル 発送 メール 来ない, ヤマダ電機 ゲーミングpc, 大川家具 テレビボード, ミニロト 必勝法, 池袋ウエストゲートパーク ジェシー 役, 北島三郎 息子 バンド, カリモク60 ロビーチェア 3シーター 中古, 松岡修造 妻, デスクマット 耐熱, 二ノ国 トットコ 出現場所 漆黒, 仕事 フィードバックがない, ホークス選手 愛車, 74歳 芸能人, オクトパス トラベラー エンディング, Toto 当たりやすい買い方, ソファ メンテナンス 布, 細川たかし スケジュール, イド:イン ヴェイ デッド 感想まとめ, 抽選 当たる方法 ネット, ロト7 科学的 予想, デヴィ夫人 娘 大学, 長期滞在 ホテル 埼玉, 三山ひろし ディナーショー 2018, 森上亜希子 旦那, 旭川 宝くじ 当たる, ダニエル 家具 ショールーム, ダイノックシート 剥がれ 補修, ダイニングソファーセット アウトレット, 不用品回収 無料, ウィッチャー3 最後の試練, 大学生 一人暮らし なんj, 桜井和寿 病気, 柳蓮二 セリフ, 北欧家具 テーブル, ウィッチャー1 Mod, 津田健次郎 モンスト, オワコンyoutuber まとめ, クリアテーブル 丸, 遊戯王 ルール, 大袈裟な表現 英語, 楽天モバイル 利用者登録, 折紙サイクロン 能力, オクトパス トラベラー ショップ, 横浜 暗黒時代 打線, 岡村島 移住, 東松山 家具, 松前ひろ子 娘,

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *