ブルックス ハイペリオン エリート

2020年2月29日、〈BROOKS(ブルックス)〉から最速レースモデル《HYPERION ELITE》(ハイペリオン エリート)が限定発売された。一体、どんなシューズなのか。先日行われたローンチイベントを振り返りながら、その魅力を紹介する。, アメリカにおけるランニングシューズのトップブランドである〈ブルックス〉は、1914年の創業以来、数々の革新的技術を搭載したランニングシューズを次々と世に送り出し、ビギナーから一流アスリートまで多くのランナーをサポートしてきた。, 今回のイベントに先立ち、〈ブルックス〉の国内総輸入代理店であるアキレス株式会社の津端裕さんが登場。, 「ミッドソール材が生む反発力と、可変形状カーボンプレートが生む推進力。さらには足首を安定させ、ふくらはぎの筋活動を軽減して走力を温存できる。〈ブルックス〉のクラフトマンシップを注ぎ込んだトップランナーのための一足です。ぜひ実際に足を入れて、体感してみてください」と《HYPERION ELITE》を紹介。, さらに、《HYPERION ELITE》を手掛けた〈ブルックス〉の開発チーム「BLUELINE」のシニアマネジャー、ニキル・ジェインさんと、本来登壇予定だったものの新型コロナウイルスの影響で来日できなかった2018年ボストンマラソンで優勝を果たしたデジレ・リンデン選手がそれぞれビデオメッセージを寄せた。, 「〈ブルックス〉のポリシーである“ラン シグネチャー”に根差し、トップランナーと共に開発したこのシューズは、すべてのランナーをより速く、より長く走れるようサポートしてくれるはずです」(ジェインさん), 「私はプロとしてのキャリアの10年間、ブルックスを信頼し続けてきました。ボストンマラソンでは《HYPERION ELITE》のプロトタイプを履いて走り、その42.195kmの途中でこのシューズが優れていることは明らかだと気づきました。最後まで足取りは軽く、誰よりも速く走って一番最初にゴールテープを切った。皆さんもぜひ試してみてください」(リンデン選手), イベントに登壇したのは、藤原新選手、下門美春選手、戸田雅稀選手。そしてランニングクラブ〈トップギア〉代表を務め、ヘッドコーチとして指導を行う傍ら、自身も多くのレースで好成績を挙げている白方健一さんの4名である。, 最初に登壇した藤原さんは、このシューズについて「過去に履いてきたシューズの進化系。と言っても違和感はなく、全体のフォルムはオーソドックスなのだけど、自分がずっと馴染んできた中に新しいものが散りばめられている。そんな感じですね」とファーストインプレッションを述べた。, 続けて藤原さんは「長距離をスムーズに走るには、着地の瞬間から蹴り出しまで足首やカラダの使い方にテクニックが求められる。いくら体力や筋力があっても、これができないとバタバタした力任せの走り方になってしまい、足を痛めたりレースの後半でバテてしまうのですが、《HYPERION ELITE》は着地してからスッと足が出てくれる。足のバネを無駄なく使って走れますし、その分エネルギーを温存できる。自分の調子がいい時の走りを引き出してくれるシューズです」と高く評価。, さらには、サブ3.5やサブ3を目指すような市民ランナーにとっても「無駄に力を消耗しない、走りやすいフォームに導いてくれるシューズになるでしょう」とも。これは期待が持てる。, 2019年日本選手権1,500mで優勝した戸田選手は、「まずカラーリングがいいなと思いました。履いてみると踵にホールド感があって、全体的に安定感があるのが気に入っています。あとは硬さもいい感じですね。地面をはじく感覚で走れるので、推進力をしっかりと得られるんです」と、中距離走者ならではの感想を語ってくれた。, 下門選手は「40km走、50km走でも最後まで疲れないし、長く走った後の回復も早い。ランニング中は着地時によく弾んで、足が戻ってくる感覚がありましたね。マラソンはふくらはぎの小さな筋肉よりも太腿やお尻の大きな筋肉を使った方が省エネで走れると言われますが、それを意識しやすいシューズです。あと、私は着地時に踵をつかない走りなのですが、これは爪先でしっかり芯を踏めるシューズですね」とコメントした。, 白方さんは、「最近、市民ランナーの皆さんは全体的にタイムが上がっています。《HYPERION ELITE》を履くことで、市民ランナーにありがちな“こねて走る”のを防ぎやすくなり、さらにスムーズに前方へ体重移動しやすくなると考えられます。内蔵されたカーボンプレートがそれを実現していると感じました」とコーチ目線でコメント。, そのうえで「市民ランナーはシューズの特徴を最大限に引き出せるよう、カラダの準備をしてから履くといいでしょう」とアドバイスも忘れなかった。なお、ここで語られている市民ランナーとは、タイム向上を目指すランナーのこと。《HYPERION ELITE》は初心者が履きこなすのは難しく、怪我をする可能性もあるそうなので、くれぐれも無理はしないように。, イベントレポートは以上となるが、この《HYPERION ELITE》は4年もの歳月をかけて開発され、かつ社内で特別に結成されたチーム「BLUELINE」が深くかかわっているという。, そこで同社のニキル・ジェインさんに《HYPERION ELITE》の特徴や今後の展開、「BLUELINE」についてもコメントしてもらった。, 我々の哲学である“ラン シグネチャー”に基づき、特に疲労が始まりフォームが崩れ始める、長時間のトレーニングランやマラソンの後半でも、安定したライドを提供できるよう設計しました。これが他社との大きな違いです。, フォーム材「DNA ZERO」は〈ブルックス〉史上最軽量でありながら、優れたクッション性を提供します。また、この軽量フォームにより、機能性に妥協することなく片足の重量が200g未満になるよう靴を設計することが可能になりました。, さらにミッドソールに組み込まれたカーボンファイバープレートの中央部分には、背骨のような0.5mmの太芯が搭載してあり、走行時に強力なスナップを提供します。, 《HYPERION ELITE》は、2018年ボストンマラソン女子優勝者のデジレー・リンデンらと協力し、世界のトップランナー向けのシューズとして開発しました。, ファンランナー向けの靴ではありませんが、ランの楽しさを広げてくれるシューズなので、タイム向上を目指すランナーにもぜひ試してほしいですね。, ただ、走りがかなりアグレッシブになってしまうため、オーバーペースにならないよう徐々に慣らしていくようにすることが不可欠です。, 軽量で反発力が高く、クッション性に優れたフォームが開発されたおかげで、現代のランニングシューズは今まで以上に多くの利点をランナーに提供しています。, よりハードにトレーニングでき、より早く回復し、より速くレースを走れる。良いシューズはランナーに素晴らしい体験を提供します。このトレンドは今後も続くでしょうし、ロードレーシングシューズに搭載されるカーボンファイバープレートなどの新素材やテクノロジーによって、ランナーの可能性は最大限に引き出されることでしょう。, 我々は常に数年後のランニング競技やランナーのインサイトを見据えて、プロダクトを開発しています。我々の開発のベースにある“ラン シグネチャー”に基づき、皆さんに驚きのランニング体験を提供出来るシューズの開発はすでに進んでいます。, 「BLUELINE」は、言うなればGame Changer(ゲームチェンジャー)的存在です。〈ブルックス〉のイノベーションをさらに加速させて、すべてのランナーを鼓舞するべく、最先端技術や生体力学的研究を活用します。そうして、“ゲームチェンジ”できる革新的なプロダクトをランナーに提供することを目指しています。, 《HYPERION ELITE》は、小田急百貨店新宿店ハルクスポーツをはじめとする10店舗のほか、〈ブルックス〉公式サイトで限定発売中。また、「DNA FLASH」をミッドソールに塔載した《HYPERION TEMPO》も同タイミングで発売されている。こちらも、ぜひチェックしてみてほしい。, 《HUAWEI WATCH GT 2 Pro》のスゴさがランニングライフを変える!, ラン×栄養素についてのQ&A。森永製菓《inゼリー》《inバー》をお供にランで理想のカラダ作りを, ジャニーズWESTの小瀧望が『ターザン』表紙に登場。「ランニングがある生活」を語る!, 大掃除の“正解”は年末ではなく、秋だった。 心地良い寝室を作るハウスダスト対策の極意, 本サイトで紹介しているエクササイズや健康情報は、専門家への取材を行っておりますが、個別具体的な疾病や傷病に対応しておりません。紹介されているエクササイズなどを試される場合は、ご自身の体調に応じて、専門家や医療機関への相談をお勧めします。. 走行時には踵とつま先が丸みを帯びた「ラピッドソールテクノロジー」が存在感を発揮。踵から接地したとしてもつま先までの体重移動はスムーズ, 試しにトラックでも1000mを3分40秒くらいで走ってみたところ、カーボンプレートが加わる分、ハイペリオン テンポよりもさらに推進力を感じた。アウトソールの面積が広めで安定感もあり、接地はフラットでも前足部からでも、どちらでも違和感なく走れる。もし踵から入ってしまっても、丸みを帯びたソールが重心をスムーズに誘導してくれるため、レース終盤などに疲れてフォームが維持できなくなってきた時には威力を発揮するはずだ。, なお、200mなど短い距離でスピードを上げることもできなくはないが、厚底というのもあって短距離のダッシュではピッチを全開までは上げにくいかもしれない。短い距離でタイムを追っていくというよりは、長い距離を速いスピードで走り続けるほうがシューズの設計としても向いているだろう。, 接地のタイプによる合う、合わないが少ない分、多くのランナーが使いやすい厚底レーシングシューズと言えそうだ。「柔らかすぎずに安定感のある厚底レーシングシューズが欲しい」というランナーにとっては、待ちに待ったシューズの登場だ。, <関連記事> プライバシーポリシー 「ハイペリオン エリート」は、世界のトップランナーに寄り添うをテーマに「brooks」がトップランナーと共に4年の歳月を経て開発したトップモデルです。独自のミッドソール材とカーボンプレートを搭載し、速さと安定感を両立させることに成功しています。 ・【アイテム】BROOKSのトップレーシングモデル「HYPERION ELITE(ハイペリオン エリート)2」が発表 9月1日に300足限定で発売されたBROOKS(ブルックス)の「Hyperion Elite(ハイペリオン エリート)2」。日本国内ではアキレス社が販売している, 見た目は前作とほぼ同じでも、〝中身〟は違う――。米国のランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」が9月1日に全世界で同時発売した「HYPERION ELITE(ハイペリオン エリート)2」は、トップランナーの使用を想定した厚底レーシングモデルだ。, その最大の特徴は、ブルックスが独自に開発したミッドソール素材「DNA FLASH」を採用していること。ミッドソールの成型工程でEVAに高密度の液化窒素ガスを混ぜて臨界発泡させたもので、軽さとクッション性、反発性を高次元で実現しているという。DNA FLASHは2月に発売されたレース&トレーニング兼用モデル「HYPERION TEMPO(ハイペリオン テンポ)」にも使われており、ランナーからは好評のソール素材だ。, そして、ミッドソールには湾曲した可変形状カーボンプレートを搭載。プレートをDNA FLASHで挟み込むことで推進力を生む構造となっている。これは今年2月に発売した前作「HYPERION ELITE(ハイペリオン エリート)」と同様の仕組みで、アッパーのデザインもほぼ同じだ。ソールの素材が変わった点が前作との大きな違いと言えるだろう。 ・【PR】「阿見AC SHARKS」がBROOKSのシューズを語る(月刊陸上競技2020年5月号掲載記事), (株)陸上競技社について サイトポリシー ランニングシューズブランド「BROOKS」は、トップモデル「HYPERION ELITE(ハイペリオン エリート)」を発表し、2020年2月29日(土)から世界同時発売しました。, 「ハイペリオン エリート」は、世界のトップランナーに寄り添うをテーマに「BROOKS」がトップランナーと共に4年の歳月を経て開発したトップモデルです。独自のミッドソール材とカーボンプレートを搭載し、速さと安定感を両立させることに成功しています。同ブランドのシューズよりも、走行中の足首やその付近のブレが競合品より少なく、レース後半までの走力を少しでも温存し、より速くより長く走れます。, 軽量(従来モデルから45%軽量化、15%ソフト化)なのに必要十分な硬度と反発力を持ち、足首の内反やブレを軽減。ランニングフォームの安定に加え、エネルギーロスの軽減にもつながります。試乗したアスリートから「足首が安定し、力を伝えやすい」という声も聞かれました。, その復元力で踏み蹴り動作を助けふくらはぎ部・下腿三等筋(かたいさんとうきん)の筋活動を軽減。レース後半までの走力を温存できます。, ドロップ(シューズのつま先と踵のソールの厚さの差)8mmで自然な前傾姿勢と体重移動を生みだします。, 日本では、2020年2月29日(土)より、220足限定で新宿西口ハルクや主要店舗10店のほか、「BROOKS」公式サイトで販売されます。, ハイペリオン - スピード|BROOKS

and used by permission. https://www.brooksrunning.co.jp/special/hyperion/. 報道等での写真利用について, WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com, 9月1日に300足限定で発売されたBROOKS(ブルックス)の「Hyperion Elite(ハイペリオン エリート)2」。日本国内ではアキレス社が販売している, ハイペリオン エリート2の構造図。湾曲した可変形状カーボンプレートをDNA FLASHで挟み込むことで推進力を生み出す, 走行時には踵とつま先が丸みを帯びた「ラピッドソールテクノロジー」が存在感を発揮。踵から接地したとしてもつま先までの体重移動はスムーズ, 【アイテム】BROOKSのトップレーシングモデル「HYPERION ELITE(ハイペリオン エリート)2」が発表, 【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! BROOKS「Hyperion Elite(ハイペリオン エリート)2」 日本初の男子中距離プロチーム「阿見AC SHARKS(シャークス)」をスポンサードするなど、日本のランニング界でも徐々に存在感を増している米国のブランド「BROOKS(ブルックス…

テルル 修理, 関家具 木工まつり, 新居 ソファー, 近畿宝くじ 2655, ウィッチャー キャラクター スキル, Nhk防災アプリ 受信料, Yモバイル Iphone8 使える, ロト6 継続購入とは, Android 緊急速報 消す, ガラステーブル 丸, オクトパス トラベラー 3章 装備, パチンコ タイアップ 初, ハロウィンジャンボ 確率, 宝くじ 保管 袋から出す, ブランド 本物, 宝くじ が当たる前兆, 株 ビックカメラ, 板東湧梧 なんj, ワールドポーターズ 屋上 夜景, ソファーになるマットレス クイーン, 宝くじ ドリーム ウエイ, 歌上手い歌手 男性, 韓国ドラマ おすすめ Netflix, 小さいテレビ台 Diy, キンキーブーツ オーディション, 家電 まとめ買い おすすめ, 北原里英 スケジュール, 遊戯王 無料,

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *