マーク シュナイダー

cartHost: "ecs.toranoana.jp",

iwc マークxviii 2016年~ 前型から約4年という短いスパンで登場した2020年時点の現行モデル。 マークxv以来となる、6.9インデックスが復活し、大きくなり過ぎたケース径が40ミリにダウンサイジングされ …

), For Overseas customer, now you can ship your purchases by using purchases agent services “AOCS”!

logServ : "/log", pagingMaxSize : 9999, {"t": "register", "content": { "id": "4ed8", "site": "toranoana.jp" }}, urlBrandCode: "joshi_r",

ca. var settings = {

ジョン・シュナイダー(John Richard Schneider、1960年 4月8日 - )は、アメリカ合衆国の ドイツ系アメリカ人の俳優・ 歌手。.

urlChannel: "ec", servletMapping : "/app",

gtag('config', 'UA-38619304-2', { 'send_page_view': false ,'optimize_id': 'GTM-WL7PH5P' }); Pro-faceのタッチパネル表示器・産業用PC、産業用ディスプレイ、シュナイダーの回転灯・表示灯・警報器・無線スイッチ・PLC・インバーター、APCのUPS、無停電電源装置など。シュナイダーエレクトリックホールディングス株式会社(旧:株式会社デジタル/Digital Electronics Corporation)

applicationLevel : "/pc", 代表作は 『爆発!デューク』(ボー・デューク役)、『ヤング・スーパーマン』(ジョナサン・ケント役)など。 また、カントリー歌手としてアルバムを出している。 }; apiContext: "\/ec", シュナイダー社製のエンジンも出力不足で信頼性も低くかった。 武装. window.appier_q.push(

function gtag(){dataLayer.push(arguments);}

window.appier_q = window.appier_q || []; isAppiritsAnalyse: true

オチキス 6ポンド(57mm)砲×2(雄型。他に、副武装としてオチキス .303(7.7mm)軽機関銃×3), マーク I 戦車(マーク 1 せんしゃ、英: Mark I tank)は、イギリスが第一次世界大戦中に開発し、世界で初めて実戦で使用された戦車である。, 第一次世界大戦最中の西部戦線における、塹壕と機関銃の圧倒的優位を打破するために誕生した世界初の近代的な実用戦車である。ウィリアム・アシュビー・トリットン( Sir William Ashbee Tritton)とウォルター・ゴードン・ウィルソン(Walter Gordon Wilson)海軍大尉が設計を担当し、製造は(ウィリアム・アシュビー・トリットンが取締役を務める)ウィリアム・フォスター農業機械会社(英語版)が行った。その形状から菱形戦車(rhomboidal tank)とも呼ばれる。, イギリス海軍の主導により「リトル・ウィリー」の試作を経て、1915年12月3日、「ビッグ・ウィリー」が初の走行試験に成功、1916年2月、制式採用され量産化が決定し、「Mark I」の正式名称が与えられた。1916年9月15日のソンムの戦いにおける第3次攻勢にて初めて戦闘に投入されたが、機械的信頼性の低さや当初から乗員の居住性・操縦性が劣悪であるなどの問題を孕み続けた。また、歩兵の連携を得られないなど、それに見合う戦果を残すことができなかったとされる。, 第一次世界大戦最中の西部戦線において塹壕戦が始まり、各陣営共に長大な塹壕を掘り進めた結果、戦線は膠着状態に陥ってしまった。塹壕と塹壕の間には鉄条網が張られ、機関銃・迫撃砲・大砲などが配置され、たとえ歩兵が塹壕から出て突撃しても、敵陣にたどりつく前に、機関銃などの「恰好のまと」になって、ただむなしく撃ち殺されていってしまい、後から後から国民を徴兵しては戦線に投入しても、ただむなしく死んでしまう国民の数、そして遺族の数が際限なく増えてゆくばかりで、泥沼のような状態、対峙する両軍や両国がどちらも疲弊してゆくばかりの状態に陥ってしまったのである。, その中でイギリス陸軍のアーネスト・ダンロップ・スウィントン中佐(Sir Ernest Dunlop Swinton、1868年 - 1951年)は、(スウィントン自身によると、H・G・ウェルズの小説『陸の甲鉄艦(The Land Ironclads)』から着想を得て)、アメリカのホルト社(現キャタピラー社)が実用化に成功した無限軌道式トラクター(元は1908年にイギリスのホーンズビー社で開発された物だが、どこも関心を示さず、アメリカのホルト社に設計が売却された)をヒントに、これに装甲を施した戦闘室を搭載した戦闘車輌を着想した[1]。このアイディアは陸軍では却下されてしまうが、海軍が関心を持ち、1915年3月、ウィンストン・チャーチルにより「陸上軍艦委員会」(委員長:ユースタス・テニソン・ダインコート)が創設され、超壕兵器「陸上軍艦(Landship)」の開発が始まった[1]。, 陸上軍艦の試験車輌は、1915年9月に完成し、開発担当者の名前から「トリットン・マシン」と呼ばれた[1]。だが、この試験車輌は軍が要求した超壕課題こそクリアしたものの、所定の段差を越えることができず、また足回りのトラブルも多かった[2]。そこで、トリットン・マシンの主に足回りを改良すべく、民生部品の流用を見直し、部品の専用設計を行い、製作されたのが、1915年12月に完成した「リトル・ウィリー」である[2]。だが、リトル・ウィリー自体は塹壕や不整地を走破する能力が低く、兵器としての実用に耐える物ではなかったことから、履帯が車体側面全体を回る形の菱形戦車の開発が進められる[2]。, 防諜のため、菱形戦車の試作車輌には、1915年11月4日に「water carrier 水運搬車」というコードネームが名付けられたが、1915年12月24日に名称の変更が決定され、さまざまな秘匿名が検討されたが、最終的に「tank タンク」(≒水槽)が選ばれ、表向きにはメソポタミアの植民地向けに貯水槽(タンク)を製造していることにされたが、この植民地を失ったため、偽(架空)の契約の顧客としてロシア帝国が選ばれた。, 完成した菱形戦車の試作車輌「ビッグ・ウィリー」は、1916年2月2日、ソールズベリー侯の邸宅にて、デモンストレーションを行い、丘、小川、鉄条網、塹壕といった課題をクリアした[3]。, 邸宅には、デビッド・ロイド・ジョージ(軍需大臣)、アーサー・バルフォア(外務大臣)、ウィリアム・ロバートソン(イギリス陸軍将校)など、政府や軍の重鎮が大勢集まった。ホレイショ・ハーバート・キッチナー(軍司令官)は戦車開発に反対していたものの参加した。ロイド・ジョージは非常に強い印象を受け、「センチピード(=ムカデ)などと呼ばれる醜いけだものを見たとき、私はただただ驚き圧倒された」と語っている。なお、海軍主導で開発されたので、海軍式の「HMLS センチピード(国王陛下の陸上艦 センチピード)」が正式な名称である。, デモンストレーションは成功をおさめ、ビッグ・ウィリーの量産化が決定、制式名称を「マークI」とし[4]、この試作車輌は全ての戦車の原点として「マザー(Mother)」と呼ばれることとなる[4]。そして、40輌(すぐに100輌へ増加)の生産が決まったが[4]、これら全ての車輌にも海軍式に個別の名称が与えられた。, マークIのデビュー戦は、1916年9月15日のソンムの戦いにおける第3次攻勢となった[5]。, 三個戦車中隊の計60輌のマークIが投入を予定していたが、輸送時のトラブルや移動中の故障から脱落する車輌が相次ぎ、用意されたのは49両、稼働できたのは18両だけだった。また、前進を開始するとエンジントラブルや砲弾孔に落ちて破損するなどの問題が発生し、従来の作戦通り歩兵を先導して敵陣地に突撃できたのはわずか5輌だけだった。だが、有効な対抗兵器を持たない前線のドイツ軍兵士は、鉄条網を超えて進んでくる謎の新兵器にパニックに陥った[6]。この日の戦いで、イギリス軍は目標としていたフレール一帯の丘陵地帯の占領に成功する[6]。それでも、長大な戦線からすれば、投入した車輌の数の少なさから効果は一部に留まってしまい、何より戦車の信頼性の低さが問題となった[6]。だが、戦車という兵器の研究・開発は各国で進められることになる[6]。, イギリス軍はマークI系戦車の変速機をより扱いやすいものとすべく、当時の連合国各国の自動車メーカーや自動車技師達に改良案を募り、1917年3月にオールドベリー変速機試験(Oldbury transmission trials)が実施された。試験に参加したのは下記の6つの改良案であった[7]。, なお、アルバート・ジェラルド・スターン(英語版)卿によれば、この試験にはマークI系戦車以外にさらに下記の2台が参加し、総勢8台の異なる駆動伝達方式がテストされたという[9]。, オールドベリー変速機試験の結果、ウィリアムス-ジャーニー式油圧伝達装置の性能が良好であった事から、同年11月のマーク VII 戦車(ドイツ語版)に制式採用されたが、マークVIIはただでさえ駆動系統の構造が複雑だったうえ、1917年末時点でのイギリスの工業生産能力はマークVIIを量産する余力が無いほど限界に達しており、各戦車部隊より74両の注文を受けたが必要台数の生産を行える目処が立たなかった。結局、英国は独力での戦車生産を諦めてアメリカ合衆国からエンジンと変速機を含むパワートレインの供給を受け共同開発したマーク VIII 戦車(英語版)の生産に移行、マークVIIは終戦までに3両が作られたのみで、受注のほとんどはマークVIIIの配備によって賄われた。, オールドベリー変速機試験の成果は、戦車の動力伝達装置としては大きな成功は残せなかったが、この時に開発された機構の多くが戦間期の自動車産業(モータリゼーション)や鉄道産業の振興に役立てられ、第二次世界大戦にて連合国の戦車・車両生産を担う工業力を涵養する事に繋がった。, マークIは菱形の車体で、泥地の塹壕でも乗り越えられるだけの低い重心と履帯を備えている。車体前面に車長・操縦手のためのキューポラがそれぞれ張り出し、車体側面にはスポンソンと呼ばれる張り出し砲郭が設けられ[5]、また、車体後部から突き出した形で大型の尾輪が設置されている。現行の主力戦車と比べてまったく異なる形状・武装・装甲であるが、これは戦車に敵陣地・塹壕・鉄条網を突破し、歩兵進撃を支援することが第一に求められていたためである。, また、全長9.9mという大きさは現在の主力戦車を上回る。これは小型化ができるほど技術が進んでいなかったこともあるが、なにより超壕性が優先されたことによる[5]。なお、当初無線機は搭載されず、後方との連絡は伝書鳩が用いられた。無線機の搭載が行われたのは1917年後半からで[5]、150輌製造された[10]。, マーク Iの武装は、左右の車外側面にスポンソン(張り出し)に装備された砲郭(ケースメート)が設置され、このケースメートに、, 機関銃についてはよく誤解されがちだが、雌型の主武装がヴィッカース .303(7.7mm)水冷式重機関銃で、雄型と雌型の副武装がオチキス .303(7.7mm)空冷式軽機関銃である。, 2種類の車輌が開発されたのは、雄型が塹壕を突破し、その雄型を攻撃しようとする敵歩兵を雌型の機関銃で撃退する、という運用が考えられていたためである[5]。ただ、やはり全周砲塔を搭載しないため、前方への火力投射能力は低い[5]。, 側面の装甲厚は8mmのボイラー用鋼板で、小火器の攻撃に耐えられるようにしたものだが、同時期にドイツで開発された小銃/機関銃用徹甲弾「SmK弾」[注 2]には貫通されてしまった。また、歩兵に包囲されて制圧されたり、投擲爆薬や手榴弾で攻撃されたりする危険性もあった。イギリスは、SmK弾に対抗するために、装甲をより厚くした(鋼板の質を変えた)改良型の「マーク IV 戦車」を開発投入し、爆発物の投擲攻撃に対処するために、上記写真のように車体上部に金網主体の切妻屋根状構造物を載せ、投げ込まれる爆発物を車外へ転げ落とすか、最悪、直撃を避ける方策に出た。それに対してドイツは口径13mmの対戦車ライフルである「マウザー M1918」を開発し、手榴弾の威力を高めるため棒状の手榴弾を束ねた「収束装薬」(geballte Ladung)などを生み出している。, 28 t前後の車体を駆動するエンジンは、リンカーン・マシン ナンバー1(トリットン・マシンとリトル・ウィリー)と同じく、デイムラー ナイト(Daimler-Knight、ナイトはエンジン名)水冷直列6気筒ガソリンエンジン 105 hpを搭載した。, 乗員8名の内、4名は砲手や機関銃手(ガンナー)で、砲座や銃座につき、残り4名は操縦関係で、1名はブレーキ操作を行うブレーキ手(ブレークスマン)で車長(コマンダー)が兼任し、1名はプライマリー・ギアボックス(前進2段、後進1段)の操作を行う操縦手(ドライバー)。2名は左右で別々になっているセカンダリー・ギアボックス(変速2段)の操作をそれぞれが担当して行う変速手(ギアーズマン)。, マークIの操縦は非常に困難であったと言われている。針路の変更は、左右どちらかの履帯を止めるか速度を落とすかのいずれかによって行われた。, エンジンを動かしている間は騒音で耳を塞がれ、操縦手がプライマリー・ギアボックスを設定した後は手信号でギアーズマンに調整するよう伝えるが、車内が火器のフラッシュや硝煙で視界が悪い時にはスパナでエンジン部を叩くなどして注意をひくこともあった。, エンジンがエンストを起こした場合、ギアーズマンがエンジンとギアボックスの間にある大きなクランクを回してエンジンを始動させるが、ほとんどのマークIは停止した際に砲撃を受けて破壊された。, マーク Iからマーク IVまでの前期型菱形戦車は、操行装置に難を抱えていたので進路の変更ですら困難であり、車体尾部にトリットン・マシン以来の、超壕補助兼操行補助用の大型尾輪(ステアリング・ホイール)を装備していた。わずかな針路変更であれば、この尾輪で行うことができた。この尾輪は鋼鉄製のケーブル操作により片側ずつ回転を止めることができ、これにより回転を止めた車輪の側に車体全体が横滑りして向きを変える、というわけである。ただ、この尾輪は戦闘中に破損してしまう事が多く、搭載されなくなった[4]。, 構造上サスペンションは一切考慮されず乗り心地は最悪であった[4]。また車体の内部は分割されておらず、乗員はエンジンと同じスペースに乗り込んでいたため、エンジンの轟音と熱気が直接、乗員を襲い、換気装置もないので排気ガスが蔓延した。また、剥き出しで稼働中のエンジンに乗員が触れて事故を起こす危険性もあった。スリットからの外光頼りの車内には照明もなく、外部と連絡を取る無線機も装備されていなかった。, 換気を考慮されていない構造であったため、有毒な一酸化炭素、気化した燃料やオイルの臭気、火器から生じる硝煙などによって車内は劣悪な環境であった。その上、エンジンから発生する熱によって摂氏50度に達することもあった。乗員はこれらの問題に対応するため、ヘルメットとゴーグルを常備し、塹壕戦で一般化したガスマスクを装備することもあった。, マークIは超壕性を求めた結果、搭乗員の安全性や居住性・操縦性能などに問題を抱えていた。これらは実戦投入により得られた戦訓を反映し、II・III・IVと改良が施されるごとに改善が図れた。, ハッチが増設されるなど細部に改良が施されたが、基本構造に変更はない。ウイリアム・フォスター社によって50輌が製造された[10]。, 主に搭載する武装の改良が図られ、雄型が搭載する6ポンド砲の短砲身化(マーク I・IIの40口径から23口径へ)、雌型は銃座の小型化が行われた。メトロポリタン・キャリッジ&ワゴン社によって50輌が製造された[10]。マーク IIよりも装甲を一部強化。, マークII・IIIに続き各所改良が施され、搭乗員の居住性等の改善も含めて、前期型菱形戦車の集大成となったのがマーク IVである。, ドイツの小銃/機関銃用徹甲弾SmK弾に対抗するために装甲が厚くなった。左右のスポンソンは鉄道輸送の便のために引き込みが可能となった。燃料タンクが車体後部に移され、戦闘室と隔壁で分離された。, 排気管に消音機がつけられ、実用性が高まった。A7Vとの初の戦車戦を経験。武装は、雄型が23口径6ポンド砲×2とルイス .303(7.7mm)空冷式軽機関銃×3、雌型がルイス .303(7.7mm)空冷式軽機関銃×5。, 装甲兵員輸送車であるマーク IXを除いて、大戦中に量産された菱形戦車の最終型にして完成形。, 1918年1月から生産開始。主に、エンジンの換装やトランスミッション系などの改良が行われた型で、ギアーズマン2名とブレークスマン(ブレーキ手、それまで車長が兼任していた)1名が不要になり、それまで4人がかりだった戦車の操縦が、操縦手1名のみで可能になるという、抜本的な改良が行われた。これにより実用性が大きく向上した。乗員は8名で、車長(専任)1名と、操縦手1名と、砲手や機関銃手6名。さらにそれまでの菱形戦車に比べてエンジン出力が向上し、足回りの改良と相まって機動性が向上した。, また、装甲はマーク IVよりもさらに厚くなり、操行装置の改良により、車体尾部の超壕補助兼操行補助用の大型尾輪(ステアリング・ホイール)は不要となり廃止された。加えて、乗員の視界が改善されている。武装に関しては、ガンナーが増えたことや邪魔な尾輪が無くなったことで、マークVからは雄雌型それぞれ軽機関銃が車体後面に1挺ずつ増えている。更なる改良型であるマーク V*、V**(*は「スター」、**は「ダブルスター」と読む)も存在する。, アメリカ陸軍の要請で設計・開発がスタート。マーク Vを小型軽量化し、武装が側面から前方へと移されるなどの設計変更が行われたが、マーク VIII計画のために、開発は中断し、量産には至らなかった。, マーク VやV戦車と同じく、マーク Vの車体を延長し、越壕能力と操縦性能を向上させた型。試作車1輌のみで開発は打ち切りになった。, 菱形戦車の最終型。イギリス、フランス、アメリカの共同開発。イギリスが設計し、大量生産技術に優れたアメリカの主導で、フランス国内の工場で1,500輌生産して、三国に配備する計画だった。, 1919年以降の連合軍による大攻勢で使われるはずだったが、開発途中にドイツが降伏し、製造された100輌分の部品をアメリカが引き取り、独自に組み上げ、アメリカ陸軍の重戦車「リバティ重戦車」として制式採用し、アメリカ国内に配備した。エンジンはリバティ 液冷V型12気筒ガソリンエンジン 338 hp。, 歩兵30~50名、もしくは10 tの荷物を運搬可能な大型輸送車両で、世界初の装甲兵員輸送車でもある。少数生産のみ(休戦時に3輌完成。計34輌製造)に終わる。, エンジンを車体前方に配置した後輪駆動で(そのため内部空間にドライブシャフトが通っている)、車体中央に歩兵や荷物の搭載用の内部空間を作っているが、歩兵用の座席は無かった。側面に左右2つずつ、計4つの乗降扉がある。車体側面には乗車戦闘を可能とする歩兵用のガンポートが設けられていた。, なお、ドイツのA7Vには、戦車型と兵員・弾薬輸送車型があり、兵員・弾薬輸送車型(Überlandwagen、ウーバーラントヴァーゲン)は30輌が完成しており、こちらが世界初の装甲兵員輸送車とされることもあるが、乗員を保護する天板や装甲は無い。, 菱形戦車を開発したメンバー(ジ・オールド・ギャング)と企業が第二次世界大戦初期に開発した、菱形戦車の直系の重戦車。設計思想が第一次世界大戦時のまま。, 各段の変速ギア毎に独立した常時噛合ギアシャフトとクラッチを備えた手動変速機で、操縦者が接続するクラッチを選択する事で変速が完了する。今日の, サー・アルバート・スターン『Tanks 1914-1918 -The log-book of a pioneer』、1919年。, Williams & Janney's Axial Piston Pump and motor.

Click {more…} for more information … more. ¥æ³•ï¼šé‹³é€ 1ピースホイール安全基準:JWL VIA規格適合品 ※13インチはJWL-T適合カラー:メタリックグレー、ストロングガンメタ付属品:センターキャップ、バルブ補修パーツ:センターキャップ¥3,000(税抜)、バルブ¥400(税抜), メタリックグレー(Metallic Gray) 18inch/5H, メタリックグレー(Metallic Gray) 15inch/4H, ストロングガンメタ(Strong Gunmetal) 18inch/5H, ストロングガンメタ(Strong Gunmetal) 15inch/4H, *マークのインセットは、51フーガ、V36スカイラインクーペ、Z34キャリパー対応モデルです。, **マークのインセットは、クラウン3.5Lのビッグキャリパー対応モデルです。, ***マークのインセットは、ソリオ、デリカD:2のキャリパー対応モデルです。, ▲マークはトヨタ平座ナット専用、専用ハブセントリックタイプです。ご注意ください。, 16~18inchは、LEXUS、E52エルグランドのエアーセンサーバルブに対応しています。, 全サイズディスク突出がありますので装着の際はご注意ください。.

1907, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マーク_I_戦車&oldid=77471043, 主武装に海軍砲から転用された40口径のオチキス QF 6ポンド(57mm)砲2門、副武装としてオチキス .303(7.7mm)空冷式軽機関銃3挺を搭載する車輌が「雄型(Male)」. urlCategoryCode: null,

/*]]>*/ マーク vやv戦車と同じく、マーク vの車体を延長し、越壕能力と操縦性能を向上させた型。試作車1輌のみで開発は打ち切りになった。 ... シュナイダーca1; 車体前面の右側面に砲郭式(ケースメイト式)にシュナイダー社製の短砲身9.5口径の75 mm榴弾砲を装備したが、これは指向角度が限定されたうえ、射程距離も600mあまりだった。 {"t": "pv_track", "action_id": "ViewTwoPages", "track_id": "5b542898c582851", "isCountReload": false, "counter": 1} [CDATA[*/ gtag('js', new Date()); {"t": "pv_track", "action_id": "PageView", "track_id": "5b542898c582851", "isCountReload": true, "counter": 0}, gtag('config', 'AW-864543200'); isNaviPlusAnalyse: true, /*

マーク・シュナイダー (TIGER & BUNNY)に関する同人誌は、5件お取り扱いがございます。「ヴァージニア・ルーム再録集 -Swing by-」「再録本」など人気同人誌を多数揃えております。マーク・シュナイダー に関する同人誌を探すならとらのあなにお任せください。

naviplusKey: "pGCUh3fOFjKpn", maxHistorySync: 30,

commonPath : "/cms/pc/common/",

#main { filter:opacity( 1% ); } pagingLineSize : 3, apiServ : "/api",

context: "\/ec",

Iphonese2 Simフリー 256, Gmo キャッシュバック いくら, 福田秀平 キスマイ, ソフトバンク 宝くじ メール, 錦織圭 対 マレー, 三越家具 ブルージュ 椅子, ニトリ 組み立て ネジ 入らない, オクトパストラベラー 探る 確率アップ, Iphonese2 楽天モバイル Esim, ワークマン レディース, オクトパストラベラー 価格 ダウンロード, オクトパストラベラー 中古 最安値, メディカルケア 意味, キンキーブーツ 配信 舞台, 解約したwi-fi 使える, 加藤あい 調布, Brooks ハイペリオンテンポ, Uuum 脱退した人 一覧, 北島三郎 まつり Cd, 確率 低い 例え, ゲラルト 顔の傷, ガチャ 確率分布, 錦織圭 小学生, ソファ 替えカバー, デスクマット 切り売り, 今田美桜 化粧品, ロト7 予想, 東野圭吾 新作 希望の糸, Id Invaded 二期, 家具通販 人気, エルゴヒューマン 試座, Wi-fi ずっと チャージ ング, Iphonese 第一世代 ケース 手帳型, Ad-live 2018 配信, 5人組 グループ 日本, 64歳 女優, ヤマダ電機 アルバイト 給与明細, カリモク レベルフレックス 調整, アナウンサー 紹介, サイバーパンク2077 ボリューム, アサシン クリード シンジケート ストーリー, アサシンクリード パズル, 羽田美智子 自宅, 津田健次郎 週刊誌 どこ, ギガぞう Au, ヒロアカ ヒーロー名 由来, 中古家具 大阪, デヴィ夫人 パック, ヒロアカ 女の子 つの, キンキーブーツ 三浦春馬, 中谷 文彦, 昭和 の 宝くじ, 2020 宝くじ 確率, 宝くじ 確率 100万円, 神戸 元町 アンティーク ショップ, 適時開示 アプリ, ロト6 数字 決め方, ダイニングテーブル 白 2人, タイバニ ビギニング, ナンバーズ予想 ランキング, 宝くじ クレジットカード 楽天カード, ソナチネ 津田寛治, ソファー 修理 ウレタン, 進撃の巨人 128, ヤマダ電機 敷布団, オルレアン家 現在,

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *