今 地震 きた

© Shogakukan Inc. 2020 All rights reserved.

今、南海トラフ巨大地震が発生したら新型コロナウイルス感染者は4週間で60万人に、Spectee社レポート 2020.08.14 非常事態宣言、夜間外出禁止令、酒類販売禁止、徹底したタイの新型コロナウィルス感染症対策に密着取材, 今年のゴールデンウィークの消費金額、コロナ禍で前年と比べて1人あたり6000~7500円減少, 会社ファーストから生活ファーストへ、コロナ禍で2人に1人が「今後の住まいは郊外でも良い」, 今、南海トラフ巨大地震が発生したら新型コロナウイルス感染者は4週間で60万人に、Spectee社レポート. 最新の地震活動データ(速報) 「本日・昨日の地震活動」(注:表示の震源には、 地震以外(発破等)のものが表示されることがあります。 本日・昨日の地震活動(全国) (10分毎更新) (地域別拡大: 北海道地方 東北地方 関東・中部地方 近畿・中国・四国地方 九州地方 沖縄地方) 地震が起こったとき、できるだけ冷静な判断で行動できるかどうかは事前に地震対策をしているかどうかで変わります。, 過去に起こった大地震でも行動次第で生死を分けてしまった事例もあります。これから起こるかもしれない大地震に遭遇した場合、自分が生き残るために今すぐできる地震対策は何なのか、こちらの記事で紹介します。, 地震・震災の対策や津波発生時の注意点は?地震保険や南海トラフ巨大地震の想定被害も解説, 「ちょっといい明日づくり」に挑戦する私たちgooddoと一緒に、まずは無料で社会支援をしてみませんか?, この無料支援は、「社会的課題を解決するため」に活動している「団体(NPOやNGO)の1つ」に10円の支援金として贈られます。, 災害はいつ起こるかわかりません。特に地震は発生から被災までの時間が短く、その予想も難しいです。, 地震の規模は大小様々ですが、規模が大きいものは甚大な被害をもたらすものもあります。2011年に起こった東日本大震災では地震発生後に起こった津波や火災も含め、過去に例を見ないほどの被害をもたらしました。, 他にも1995年には阪神・淡路大震災、2016年には2度も規模の大きい地震が襲った熊本地震、2018年には北海道胆振東部地震など、被害が大きな地震が起こっています。, さらに今後、南海トラフ巨大地震とその想定被害も予測されており、こちらもいつ起こってもおかしくない状況になっています。, このようにいつ起こるかわからない地震に対しては、自らの身を守るために日頃から地震対策を行っておかなければいけません。, それでは今すぐできる地震対策はなんでしょうか。事前に準備しておけることなど何があるのか、見ていきましょう。, 地震対策としてすぐにできることはいろいろありますが、大きく分けると5つになります。, 分け方としては「家具の固定」、「飲料・食料の備蓄」、「非常用持ち出しバッグ(防災バッグ)の準備」、「避難場所・避難経路の確認」、「家族での防災会議」です。, 阪神・淡路大震災や新潟県中越地震などの大きな地震では、地震による揺れで家具が倒れ、下敷きになって亡くなった人や大怪我をした人がたくさんいます。, 特に大きな地震が起こったときは、家具は倒れるものであると考え、転倒防止対策を講じておくことをおすすめします。, まず転倒すると考えられる家具を確認しましょう。その後壁に固定できるものは金具などを用いて家具を固定します。, 寝室や子ども部屋には、できるだけ家具を置かないようにしてください。家具を置く場合も、背の低い家具を置き、倒れたときに出入り口を塞がないように配置しましょう。, また家具を固定すると同時に、手が届く場所に懐中電灯やスリッパ、ホイッスルなどを備えておくこともおすすめします。, 大地震が起こったときは、電気やガス、水道などのライフラインが止まることがほとんどです。それに備え、飲料水や保存食などを備蓄しておくことが必要とされます。, 基本的に飲料水は1人1日3リットルを目安に3日分を用意しましょう。また非常食は3日分の食料としてアルファ米などのご飯、ビスケット、板チョコ、乾パンなど保存が利いてエネルギーになりやすいものが必要となります。, またトイレットペーパーやティッシュペーパー、マッチ、ろうそく、カセットコンロなども準備しておくこともおすすめします。, 3日というのはあくまで地震発生後から救援物資が届くまでの想定で設定されていますが、できれば1週間分が望ましいです。大震災発生時には土砂崩れなどで分断されてしまい、支援がなかなか届かない可能性があるためです。, さらに飲料水とは別に、トイレを流すための生活用水なども必要なので、日頃から水道水を入れたポリタンクの用意やお風呂の水を張っておくなどの備えもしておくといいです。, 地震が起こったときには揺れが収まった後、安全な避難場所に移動し、避難生活を送ります。このとき、すぐに持ち出せるように先述の飲料や食料を含め、非常用持ち出しバッグ(防災バッグ)を準備し、詰めておく必要があります。, このバッグには避難生活に必要なものを入れておくことが望ましいですが、その中でも入れておくといいものをリストアップしたものが以下になります。, あくまでこれは例であり、これ以外にも必要なものだと思うものは詰めておくといいでしょう。, ただしあまりに量が多すぎると持ち運ぶだけで避難の妨げになる可能性があるので、持ち出せる範囲に留めましょう。, 実際に地震が起こったとき、避難場所や避難経路を知らないと慌ててしまい、避難場所へたどり着けないことや二次災害に遭遇してしまう可能性もあります。, 平時ならそのようなこともありませんが、災害が起こると避難場所までの状況が変わってしまい、すんなりたどり着けないことがあるためです。, 慌てずに避難するためにも自治体のホームページや国土交通省ハザードマップポータルサイトなどから防災マップやハザードマップを入手しましょう。災害時に危険になり得る場所や避難場所・経路を確認することができます。, ただし防災マップやハザードマップは地震以外にも豪雨や津波、火山噴火など災害によって種類が変わるため注意してください。, 地震が起こるときは別々の場所にいる可能性もあります。そうなったとき安否の確認方法や集合場所などを予め話し合っておきましょう。, 災害時は携帯電話の回線が繋がりにくくなるため、災害用伝言ダイヤルや災害用伝言板の使用の確認も一緒にしておくと良いです。, 情報収集の仕方もできれば確認しておきましょう。最近は災害時にSNSなどのデマが問題になっています。, そういう情報に踊らされることなく、できるだけ正確な情報を得られる方法を家族で共有しておくことも必要です。, すぐにはできないものの、これまで紹介したもの以外で地震対策としてできることはあります。, 災害が起こると怪我をすることがあります。そうなったとき、医療機関にすぐにかかれないばかりか、救援が来るかも分かりません。, そのとき応急処置でも手当ができるだけで生存率は変わります。出血が酷い場合や骨折の疑いがある場合、火傷をした場合の処置は私たちでもできる可能性があります。, 例えば出血が酷いならば傷口を圧迫し、止血体を巻くという方法が取れます。ポイントなどはありますが、処置としてはそれほど難しくはありません。失血死は地震でも起こることなので、血を止めることは大切です。, また心配蘇生法なども覚えておくと人命救助に役立てることができます。地震のときはお互いに助け合うことが大切なため、自分にできる応急手当を身につけておきましょう。, 地震保険の加入も地震対策としては重要です。地震は起こってそれで終わりではありません。その後の復興の方が何倍も大変です。, 自宅や家財など地震によって大きな被害を受ければ、損害額は大きな負担になります。少しでも負担を減らし、復興に繋げるためにも地震保険の加入はしっかり考えておきましょう。, 大地震が起こったとき、自分の身を守れるのでは自分だけです。揺れは人々を動揺させ、自分のことで手一杯になってしまいます。そんな時に事前に対策を行っておくだけで、冷静に行動でき、生存率は大きく変わります。, またその準備をしておくことで、避難生活での自分と家族を守ることにも繋がります。事前の地震対策は大切なものを守るために何よりも大切なことです。, 今からできるものをしっかりと把握して、明日地震が起こっても大丈夫なように準備しておきましょう。, グループメディア:BITDAYS | DELIGHTmedia | GANMA!ニュース, gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。, 南海トラフ巨大地震とその想定被害も予測されており、いつ起こってもおかしくない状況である。, 地震対策としてすぐにできることとして、「家具の固定」、「飲料・食料の備蓄」、「非常用持ち出しバッグ(防災バッグ)の準備」、「避難場所・避難経路の確認」、「家族での防災会議」の5つがあげられる。, 地震発生後から救援物資が届くまでの想定で3日と設定されているが、支援がなかなか届かない可能性があるためできれば1週間分が望ましい。, 災害時にSNSなどのデマが問題になっているため、できるだけ正確な情報を得られる方法を家族で共有しておくことも必要である。, すぐにはできないものの、応急手当の方法と地震保険の加入も地震対策としてできることである。, 地震のときは、お互いに助け合うことが大切なため、自分にできる応急手当や心配蘇生法なども覚えておくと人命救助に役立てることができ生存率も変わってくる。, 自宅や家財など大きな被害の負担を少しでも減らし、復興に繋げるためにも地震保険の加入はしっかり検討すべき。. 震度1以上を観測した地震の震央を地図上に表示。どこで地震が頻発しているかを見ることができます。

震央分布図 2020年10月26日06:00現在. 26日06時35分ころ、地震がありました。 震源地は、和歌山県北部(北緯34.2度、東経135.6度)で、震源の深さは約70km、地震の規模(マグニチュード)は4.0と推定されます。 この地震による津波の心配はありません。 26日18時03分ころ、地震がありました。 震源地は、福島県浜通り(北緯37.2度、東経140.9度)で、震源の深さは約70km、地震の規模(マグニチュード)は3.1と推定されます。 この地震による津波の心配はありません。 最新の家電、スマホ、クレジットカード、クルマ、アプリ、日用品、各種トレンド情報、仕事術からグルメまで、すぐに使える情報が満載のライフハックマガジンです。, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。. 座標: 北緯36度43.1分 東経139度46.9分 / 北緯36.7183度 東経139.7817度 / 36.7183; 139.7817, 今市地震(いまいちじしん)は、1949年12月26日に栃木県今市市(現在の日光市)鶏鳴山付近を震源とする内陸直下型地震で、8時17分 M6.2と8時24分 M6.4の地震が8分の間隔をおいて続けて発生した[1]。地表断層は出現せず[2]、余震は、翌年3月下旬頃まで続いた。, 当時はまだ限られた市町村にしか震度観測点がなく(周辺では日光市・宇都宮市のみ)、震度計で観測された最大震度は4だったが、震源に近い今市市付近では震度6程度の揺れであったと推定されており[3]、甚大な被害が発生している。, 午前8時17分に発生したM6.2の地震において、震度4以上の揺れを観測した地域は次の通り[4]。, 午前8時24分に発生したM6.4の地震において、震度4以上の揺れを観測した地域は次の通り[5]。, フォッサマグナの東縁とされる柏崎千葉構造線の線上にあり、関東地方北部の日光・足尾地域から群馬県県境にかけては震源が比較的浅い地震が多く、現在でも活発な活動が続いている。, 空から見る日本の地すべり地形シリーズ-45- 今市地震 (1949年) によって発生した野口地すべり, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=今市地震&oldid=80080491, 被害区分の判定が復旧費用に着目し算定しているため被害戸数が著しく増大していると指摘されている.

南海トラフを震源とする巨大地震の発生確率は今後30年以内に70~80%と想定されている。つまり、いつ大規模地震が起きてもおかしくない状況だ。, それでは新型コロナウイルスが流行している今の時期に大規模災害が発生した場合、日本はどうなるのか。被災地の病院や医療機関は感染症だけではなく、地震や津波により負傷した人の受け入れも必要になる。, また、医療機関自体が大きな被害を受けたり、医療従事者自身が被災することもあり、受け入れのキャパシティは通常時より逼迫する可能性が大いに考えられる。, Specteeは新型コロナウイルス感染症が流行する今、もし大規模災害が発生した場合、どのくらいの感染者が出るかを分析。 まずは、東日本大震災クラスの大規模災害が発生した場合を想定して、発生から1週間~4週間の週ごとの避難者数は以下のとおりだ。, 避難所における感染者の発生や増加はクラスターが発生するかどうか、またクラスターが発生した場合にどのくらいの人が感染するかが重要になる。, しかし、今回の新型コロナウイルスについて、「避難所」と近い状態で医療機関以外のクラスターが発生したものについての明確な数値が出ていない。そこで、スペクティでは避難所に近い状態の例として「ダイヤモンド・プリンセス号」のケースをもとに、クラスターが発生した場合の感染率を試算した。, つまり、建物や施設など室内空間でクラスターが発生した場合、約5人に1人が感染するとの試算になる。, 次に、災害時の避難所でクラスターはどのくらい発生するのだろうか?これについても明確な数値がなかったため、スペクティでは国内外の様々な報告事例を検証し、2つの仮説を立てて分析を行った。, 東日本大震災で宮城県名取市の避難所(公立小学校、避難者数約200人)でインフルエンザが集団発生し、約20人の感染が報告されている。, [仮説1] 発生から4週間の間、15%(約6分の1)~ 25%(4分の1)の避難所でクラスターが発生すると仮定。, 仮説1を想定すると、東日本大震災クラスの災害が発生した場合、発生から1週間後に約1万人が新型コロナウイルスに感染し、発生から4週間後には約4万人が感染すると予想できる。, 仮説は、あくまで新型コロナウイルスが流行する「いま」災害が発生した場合を想定している。, [仮説2] クラスター発生率を25%~40%、クラスターあたりの感染率を25%に引き上げて、仮説1よりも悪化したケースを検証。, 仮説2では、災害発生から4週間、毎週避難所の約3分の1でクラスターが発生し、クラスターが発生した場合に、1つの避難所で4人に1人が感染することを想定。その場合、東日本大震災と同じレベルの災害を想定すると、最初の1週間で約2万人~ 3万人が感染、4週間経過した時点で5万人~ 6万人が感染することが考えられる。, もし、いま南海トラフ巨大地震が発生したら、4週間で35万人の感染者、最大60万人超, 東日本大震災の想定と同様の手法で、南海トラフ巨大地震が発生した場合に、仮説1のケースを当てはめ検証すると、発生後1週間で約16万人の感染者が発生し、4週間後には約33万人が感染すると予測。, より悪化した想定の仮説2のケースで検証すると、発生後1週間30万人~40万人が感染、4週間で約60万人超が感染すると考えられる。, 静岡市・高知市で行われたアンケートで避難勧告が出た場合に「避難する」と回答した人は80%に達した。, 一方で、まさに「いま」大規模災害が発生した場合、避難所には多くの人が詰めかけ、「ソーシャルディスタンス」を取ることなどは不可能に近く、いわゆる「3密」の状態となる。, 通常時であれば、身を守るために避難することは非常に重要となるが、新型コロナウイルスが流行する「いま」は、避難所は「クラスター」になりやすく、感染症という二次災害を招きかねない場所となる。その場合、在宅避難というのも選択肢として検討しておく必要があると考えられる。, スペクティでは判断の基準として、いま住んでいる場所について、以下の2つの条件を事前に確認しておく必要があると考える。, 津波、洪水、土砂災害の可能性がある場所や自宅の耐震性に問題がある場合は、やはり直ちに避難することが大切であると考えられる。, まずは身の安全を守る行動を優先し、その上で、避難所ではマスクの着用や人との距離を取るなど、可能な限りの予防対策を講じる必要があります。避難用の備品などにマスクを常備することをおすすめしたい。(使い捨てタイプ1か月分1人30枚程度と何度も使える布製のものを1人数枚程度は必要), 自宅が上記の問題をクリアしている場合は、在宅避難を検討することが重要と考えられる。, まさに今は避難所に行かない、「ステイホーム」で避難することも感染症の二次災害を防ぐ重要な行動となる。まずは、自宅が安全な場所、安全な建物であるかどうかを事前に確認し、安全である場合は在宅避難のための備蓄等の準備をしておく必要があると考えられる。, 被災地で感染症が発生した場合、被災地以外の都道府県からボランティアを受け入れることが困難になることが予想できる。, 市民によるボランティアは復興には欠かせない存在となっている。しかし、感染症が広がった地域へボランティアが入ることは感染症をさらに広げてしまう危険性が高く、現実的に考えて感染地域への他地域からのボランティアの受け入れは難しく、復興の遅れにつながる可能性があると思われる。, 尚、スペクティでは、引き続き災害発生時における感染症の影響について分析・研究を進めてるという。, ※試算は公的発表をもとにスペクティが独自に分析したもので、大学や研究機関による科学的検証を経たものではない。, ※試算は避難所での感染者数を推計したものであり、被災地全体の感染者数を表しているものではない。, ※被害想定や数値は実際に災害が発生した場合、その時の様々な要因により、大きく変わる場合がある。, ※試算は、新型コロナウイルス感染症が流行している今、大規模災害が発生した場合を想定している。検証データは同社ホームページより確認できる。, DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」, 小学館ダイム公式サイト「@DIMEアットダイム」。 今からできるものをしっかりと把握して、明日地震が起こっても大丈夫なように準備しておきましょう。 年間約50万人が参加、 累計2億円の支援金額を達成! 26日06時35分ころ、地震がありました。 震源地は、和歌山県北部(北緯34.2度、東経135.6度)で、震源の深さは約70km、地震の規模(マグニチュード)は4.0と推定されます。 この地震による津波の心配はありません。

今市地震(いまいちじしん)は、1949年 12月26日に栃木県 今市市(現在の日光市)鶏鳴山付近を震源とする内陸直下型地震で、8時17分 m6.2と8時24分 m6.4の地震が8分の間隔をおいて続けて発生した 。 地表断層は出現せず 、余震は、翌年3月下旬頃まで続いた。.

ヒロアカ クラス, Uqモバイル キャンペーン ジョーシン, 伍代 夏子 潮来市, シモンズ マットレスのみ, ニトリ 港北ニュータウン バイト, Biglobe Uq Mobileエントリーパッケージ, パンテーン ミラクルズ お直し オイル, ソファーベッド 2人掛け, 氷川きよし 生々流転, 母は俺らの守り神 北島 三郎 歌詞, アウトレット 店舗数 関東, 津田健次郎 ドラマcd エレベーター, 住宅ローン 家具家電 領収書, 高額当選 宝くじ 売り場, ギベオン隕石 値段, かいが Tiktok, ファニコン スクラッチ 確率, 大塚久美子 年齢, 入間 アウトレット タイムセール 時間, デス カム トゥルー トロフィー, Uq 解約金 1000円,

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *